ここからメインメニュー

メインメニューここまで

病院概要

ここから本文です。

市立釧路総合病院「病院指標」

平成30年度 市立釧路総合 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数tsvファイルをダウンロード(49 B)
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1,160 221 359 456 707 1,006 2,354 3,231 1,943 368
市立釧路総合病院は、ドクターヘリ基地病院、地域がん診療拠点病院、地方・地域センター病院、災害拠点病院、地域周産期母子医療センターなどの各種指定を受け、様々な疾患や年齢に対して高度医療の提供と臨床研修病院として教育研修に力を注いでおります。

※年齢による区分けは、入院時点の年齢をもとに行っております。
総数 11,805 件

病院情報の公表の集計条件について
① 平成30年4月1日から平成31年3月31日までの退院患者であり、一般病棟に1 回以上入院した患者を対象としています。
② 入院した後24時間以内に死亡した患者 又は 生後1週間以内に死亡した新生児 は集計対象外としています。
③ 臓器移植(『厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の 額の算定方法の一部を改正する件(平成28年厚生労働省告示第73号)』に規定 するもの)は集計対象外としています。
④ 医科レセプト以外の患者は対象外としています。
⑤ 集計した結果、患者数が10例未満のものに関しては個人情報保護のため表示していません。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)tsvファイルをダウンロード(7.93 KB)
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1:気管支ファイバースコピー等 処置2なし 263 2.75 3.43 0.76% 70.23
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 処置2なし 116 20.72 19.06 5.17% 72.52
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2なし 105 15.58 14.58 7.62% 73.81
040040xx99041x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(4) 副傷病:肺炎等 65 15.28 17.28 3.08% 70.14
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(4) 副傷病なし 63 14.38 10.00 0.00% 67.48
呼吸器内科では、呼吸機能をつかさどっている器官「肺、気管、気管支」の疾患に対する診断と治療を行っています。呼吸器の疾患には風邪や肺炎などの感染症、喘息などのアレルギー性疾患、他にも肺癌や肺気腫などの様々な種類があります。必要に応じて、検査を行い、薬物治療を行っております。また悪性腫瘍に対して、経気管肺生検や化学療法、放射線治療を行っております。

当院は、釧根地区唯一の呼吸器内科として地域医療を守るため、重篤な患者さんや専門性の高い患者さんを優先的に診察する必要性があるため、軽症例については、近隣の医療機関に紹介させていただくことがあります。ご協力をお願いいたします。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 326 2.20 2.67 0.00% 67.30
060340xx03x00x 胆管結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 副傷病なし 185 8.69 10.08 1.62% 74.20
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置2なし 54 7.43 5.42 1.85% 56.70
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍 手術なし 処置2なし 副傷病なし 49 9.67 9.59 0.00% 72.57
06007xxx97x00x 膵臓、脾臓の腫瘍 その他の手術 処置2なし 副傷病なし 45 11.56 13.33 2.22% 72.00
消化器全般(食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肝臓・胆のう・胆管・膵臓など)の病気を対象としております。
上・下部内視鏡検査、腹部CT/MRI検査、腹部超音波検査、各種血液検査などによる精密検査を行い、必要に応じて各種疾患に対し治療を行っています。

また、当院はがん地域診療連携拠点病院に指定され消化器癌診療を積極的におこなっております。がんの低侵襲的治療として、胃がん・大腸がんの内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)や肝がんのラジオ波焼灼療法(RFA)・カテーテル塞栓術、内視鏡的胆管ステント治療・減黄術などを行っており、手術が必要な患者さんには外科との定期的カンファレンスで手術方法など検討し、その都度最適な治療法を選択しております。また放射線療法やがん化学療法も機器の整備や体制を整えた上で実施しております。
心臓血管内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 処置1:心臓カテーテル法による諸検査 処置2なし 副傷病なし 199 3.57 3.01 0.00% 67.11
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 92 6.17 4.47 0.00% 71.01
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 69 18.51 17.66 4.35% 79.36
050210xx97000x 徐脈性不整脈 その他の手術 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 55 12.89 11.01 1.82% 76.71
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 処置1:心カテ検査+血管内超音波検査 処置2なし 副傷病なし 52 3.56 3.15 0.00% 70.75
心臓血管内科では、循環器疾患(心臓や血管の病気)の診療を行っており、心筋梗塞や狭心症等の虚血性心疾患、心房細動などの不整脈、心不全の原因の一つである心筋症などの心筋疾患が代表的です。また、下肢動脈などの末梢血管疾患や静脈血栓症などの診療も行っております。
必要に応じて、各種疾患に対し薬物治療や心臓カテーテル検査や治療、ペースメーカーの埋込みや埋込機器の電池交換等を行っております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害 2500g以上 手術なし 処置2なし 副傷病なし 295 6.15 6.17 0.34% 0.00
030270xxxxxxxx 上気道炎 133 4.41 4.96 0.00% 3.42
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症 副傷病なし 121 4.42 6.19 0.00% 2.29
040100xxxxx00x 喘息 処置2なし 副傷病なし 120 4.22 6.62 0.00% 3.73
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置2なし 66 3.79 5.42 0.00% 3.08
小児科では、出生時から、時には20歳台前半までのこども達の抱える様々な問題や疾病に対応を行っております。
感冒などの一般的な疾病はもちろん、不登校を含めた心の問題、発達上の様々な不具合、難治な疾患(先天性心疾患、血液やがん疾患、てんかんなどの神経筋疾患、膠原病などの慢性疾患)、生まれつきの遺伝疾患などに幅広く、それぞれ専門医の協力を得て診療を行っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 その他の手術 処置2なし 105 12.49 11.87 0.95% 68.53
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 93 7.77 7.30 0.00% 60.46
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア 15歳以上 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 59 5.15 4.96 1.69% 65.24
060035xx01000x 処置2なし 副結腸の悪性腫瘍 結腸切除術等 処置1なし 傷病なし 44 16.05 15.30 0.00% 74.23
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術等 処置2なし 31 10.39 10.59 0.00% 62.32
外科では、消化器疾患(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肛門、肝臓、胆道、膵臓、脾臓の病気)、ヘルニア、後腹膜・腹壁の疾患での腹腔鏡手術や呼吸器疾患(原発性肺癌を中心として、転移性肺腫瘍、良性肺腫瘍、気胸、縦隔腫瘍、膿胸、胸壁腫瘍など)胸腔鏡下手術、乳腺疾患等の手術を行っております。従来の開腹や開胸手術も行っており、両者の利点も生かした「患者さんにとって一番よい治療は何か」ということを心がけ診療を行っております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 105 31.58 26.30 66.67% 82.99
070230xx01xxxx 膝関節症 人工関節再置換術等 44 20.95 24.26 0.00% 73.91
160760xx97xxxx 前腕の骨折 その他の手術 44 4.32 5.68 2.27% 68.89
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症 人工関節再置換術等 35 19.00 22.27 0.00% 70.37
160740xx01xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 副傷病なし 25 5.12 5.55 0.00% 27.56
整形外科では、外傷性疾患(交通外傷・労働災害・スポーツ外傷・その他)、加齢変性疾患、腫瘍性疾患、先天性疾患、成長期疾患など、運動器に関わる様々な疾患を対象としており、男女を問わず新生児から100歳以上のお年寄りまで、幅広い年齢層に対応しております。

当院は、釧路・根室地方で唯一の救命救急センターに指定されており、3次救急対応になっております。道東地区ドクターヘリの稼働により、以前は救命が難しかった重症の患者さんも数多く当院へ搬送されるようになりました。
そのため、外傷でも重症に分類される多発外傷・重度開放骨折・脊髄損傷・四肢切断・不安定型骨盤骨折など、救命を最優先にするべき症例に対応する為、麻酔科医師をはじめ、関連する他科の医師と連携を取りながら、処置・治療に当たっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞 3日以内かつJCS10未満 手術なし 処置1なし 処置2:ラジカット(4) 副傷病なし RankinScale0~2 29 21.14 16.18 13.79% 67.31
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫 JCS10未満 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 22 28.18 18.72 40.91% 67.73
010230xx99x00x てんかん 手術なし 処置2なし 副傷病なし 16 12.69 7.28 0.00% 61.38
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術 処置2なし 副傷病なし 12 26.83 9.69 25.00% 74.08
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 処置2なし 副傷病なし 12 18.00 7.35 8.33% 76.83
脳神経外科では、脳や脊髄の病気と頭部外傷の診断、治療(薬物療法、手術療法)行っております。
脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)脳腫瘍、頭部外傷、脊柱、脊髄の疾患・外傷、認知症、頭痛(慢性頭痛、片頭痛、後頭神経痛、筋緊張性頭痛、心因性頭痛)やその他の疾患(顔面けいれんや三叉(さんさ)神経痛など) CTやMRI、MRAなどを含めた検査を行い、外科的手術も視野に入れた治療法の選択を行なっています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 処置2:中心静脈注射等(1) 副傷病なし 23 13.83 16.06 0.00% 74.83
050161xx9901xx 解離性大動脈瘤 手術なし 処置1なし 処置2:中心静脈注射等(1) 19 33.47 22.66 0.00% 68.84
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 16 3.69 2.85 0.00% 64.63
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術等 処置1なし 処置2:中心静脈注射等(1) - - 22.91 - -
050161xx99000x 解離性大動脈瘤 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし - - 17.40 - -
心臓血管外科では、心臓の病気、血管の病気の治療を行っております。冠状動脈疾患(虚血性心疾患)、心臓弁膜症、動脈瘤、下肢閉塞性動脈硬化症、静脈瘤など各種検査(心エコー、CT、MRI、心筋シンチなど)を行い必要に応じて手術治療を行っております。

※集計した結果、患者数10例未満のものに関しては個人情報保護のため表示していません。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 処置2なし 57 17.05 19.69 1.75% 29.65
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む) 腹腔鏡によるもの等 47 6.26 6.28 0.00% 42.87
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 30 8.97 9.87 0.00% 45.43
120260xx99xxxx 分娩の異常 手術なし 28 5.93 4.88 0.00% 30.32
120260xx01xxxx 分娩の異常 帝王切開術等 27 8.96 9.63 0.00% 31.00
産婦人科では、釧根地区の中核病院として、産婦人科診療全般の疾患について診療を行っております。

産科では、妊娠初期から一般的な妊婦検診や産科超音波検査(エコー検査)を通して、胎児や母体に異常がないか診療を進めております。また、里帰り分娩や他院からの紹介、他院からの救急搬送やハイリスク妊娠(異常妊娠・異常分娩)にも対応しております。当院小児科には2014年11月よりNICU(新生児集中治療室)が導入され、地域周産期母子センターとして釧根地区の周産期医療に貢献していきます。

婦人科では、良性疾患(子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜症、付属器腫瘍(卵巣腫瘍)、骨盤内臓器脱(子宮脱、膀胱瘤、直腸瘤)等)、悪性腫瘍(子宮頚がん、子宮体がん、子宮肉腫、卵巣がん等)の薬物療法や手術(内視鏡手術(腹腔鏡下手術)、開腹手術)などを行っております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 その他の手術 片眼 318 2.25 2.84 0.63% 74.88
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 その他の手術 両眼 69 7.83 5.39 0.00% 75.54
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 その他の手術 処置2なし 片眼 13 9.54 7.52 0.00% 62.23
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 その他の手術 処置1:水晶体再建術 処置2なし - - 7.05 - -
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 - - 6.16 - -
眼科では、眼球、眼瞼について薬物による内科的な治療から、手術等の外科的な治療までの全てを扱います。
主な疾患として、白内障、緑内障、黄斑変性・網膜前膜、網膜剥離等があり、外来診療で検査や診断・治療を行い、必要に応じて手術による治療も行っております。

※集計した結果、患者数10例未満のものに関しては個人情報保護のため表示していません。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 65 5.05 5.10 0.00% 66.77
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 55 8.45 7.04 0.00% 55.85
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 47 8.36 7.89 0.00% 14.68
030428xxxxxxxx 突発性難聴 39 8.64 7.89 0.00% 58.82
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 38 4.89 5.43 2.63% 41.21
耳鼻咽喉科・頭頸部外科では、中耳炎などの一般的な耳鼻咽喉科疾患のほか、甲状腺がん、頭頸部がん(舌がん、咽頭がん、喉頭がん、上顎洞がん、耳下腺がん等)、甲状腺疾患(橋本病・バセドウ病などのホルモン機能異常症等)、難治性の鼻副鼻腔疾患、頭頸部外傷、顔面外傷などの外科的治療が必要な症例を多く扱っています。
嚥下専門外来、甲状腺専門外来、頭頸部腫瘍外来などの専門外来を開設しており、地域医療連携を通してスムーズに受診して頂ける環境を整えております。
各疾患に対し、薬物治療や外科的治療、放射線治療を患者さんの状態・要望に応じて治療法を選択し行っております。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 処置1なし 31 18.77 12.51 0.00% 55.42
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 19 19.37 8.98 5.26% 68.00
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 処置1なし 10 4.30 4.05 0.00% 48.60
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍 皮膚悪性腫瘍切除術等 処置2なし - - 8.16 - -
080110xxxxx0xx 水疱症 処置2なし - - 29.50 - -
皮膚科では、皮膚に生じる変化が正常か、異常かを判断し、必要に応じて検査・治療を行っております。
対象疾患は、良性腫瘍、悪性腫瘍、熱傷、皮膚潰瘍、蜂窩織炎、帯状疱疹などがあり、必要に応じて検査を行い薬物治療を行っております。また、皮膚病によっては手術が必要な病気もあり、皮膚に関連した疾患に対する治療を幅広く行っております。

※集計した結果、患者数10例未満のものに関しては個人情報保護のため表示していません。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2なし 95 7.02 7.20 0.00% 72.66
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 処置1なし 副傷病なし 71 3.89 2.72 0.00% 60.61
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 68 13.34 12.05 5.88% 74.06
110080xx01xxxx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 37 14.65 12.63 0.00% 68.59
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 処置2なし 副傷病なし 36 10.42 8.75 2.78% 67.22
泌尿器科では、様々な泌尿器科疾患(尿路感染症、尿路結石、尿路の悪性腫瘍、前立腺肥大症、頻尿や尿失禁などの排尿の異常、尿路・性器の先天的異常、腎血管の異常、さらに血液浄化療法や腎移植を要する腎不全)に対して診療を行っており、CTやMRIによる検査に加えて膀胱尿道の内視鏡検査を行い診断治療を行っております。
必要によって、薬物治療・手術治療(内視鏡下・腹腔鏡下・開腹)や化学療法・放射線治療での治療を行っております。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし - - 12.58 - -
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 副傷病なし - - 20.92 - -
161070xxxxx00x 薬物中毒 処置2なし 副傷病なし - - 3.56 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
当院は救命救急センターに指定されており、最重症患者(三次救急)を受け入れております。他科と連携しながら広範な疾患について治療をしております。
また、ドクターヘリのスタッフとして積極的に病院前治療を行っており、患者さんの安全を守ることを第一の使命とし、釧根地域の救急医療を担っております。

※集計した結果、患者数10例未満のものに関しては個人情報保護のため表示していません。
麻酔科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒 処置2なし 副傷病なし 28 2.25 3.56 3.57% 42.36
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術 処置2なし 副傷病なし 10 3.10 9.69 0.00% 58.00
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 副傷病なし - - 20.92 - -
160990xx99x0xx 多部位外傷 手術なし 処置2なし - - 17.26 - -
161020xxxxx00x 体温異常 処置2なし 副傷病なし - - 5.73 - -
麻酔科では、術前診察・麻酔の説明に始まり、手術室での麻酔・呼吸・循環などの全身管理と安全管理、術後の疼痛コントロールを行っております。手術室全体が安全かつ効率的に運営できるよう、予定手術の管理と調整・設備の管理に携わっています。

当院は救命救急センターに指定されており、最重症患者(三次救急)を受け入れております。他科と連携しながら広範な疾患について治療をしております。
また、ドクターヘリのスタッフとして積極的に病院前治療を行っており、患者さんの安全を守ることを第一の使命とし、釧根地域の救急医療を担っております。

※集計した結果、患者数10例未満のものに関しては個人情報保護のため表示していません。

※診断群分類別患者数等の転院率は次の計算式でもとめています。
[診断群分類別患者数のうち転院した患者数] ÷ [診断群分類別患者数]
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数tsvファイルをダウンロード(157 B)
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 53 13 20 31 14 92 1 第8版
大腸癌 37 54 45 35 10 164 1 第8版
乳癌 26 22 - - - 33 1 第8版
肺癌 68 23 57 85 13 388 1 第8版
肝癌 14 - - - - 85 1 第8版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
2005年1月17日付で、「地域がん診療連携拠点病院」に指定されております。(釧根地域2次医療圏)
地域がん診療連携拠点病院の役割として、集学的治療の提供体制及び標準的治療等の提供、化学療法、緩和ケア、地域の医療機関との連携協力(病病連携、病診連携)、セカンドオピニオンの提示体制を整えています。
キャンサーボード(症例について治療法を包括的に議論する場)の実施やがんや医療に関する相談も受けております。
また、当院では、がん医療に関する情報のデータベース化(がん登録)に協力しています。データベースには、全国のがん診療連携拠点病院の情報が集められ、今後のがん医療の基礎資料となります。

※ 癌の病期分類は様式1のTNM分類より出力しております。

※集計した結果、患者数10例未満のものに関しては個人情報保護のため表示していません。
成人市中肺炎の重症度別患者数等tsvファイルをダウンロード(109 B)
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 34 13.47 58.56
中等症 181 17.46 79.85
重症 38 21.61 80.00
超重症 12 27.67 86.00
不明 0 0 0
市中肺炎とは、普段の生活の中で発症した肺炎を言います。

重症度とは、治療方針決定のために「尿素窒素(BUN)」「動脈血酸素飽和度(SPO2)」「血圧」の結果及び「意識障害」「免疫不全状態」「肺炎重症度規定因子」を用いて判定し、軽症~超重症まで分類しております。

釧路根室地方の高齢化率は、釧路市31.1%、根室市31.8%と全国平均27.2%を上回っており、高齢者の多い地域(※1)でもあります。その影響もあり、肺炎患者数が近年増えています。
また、高齢になるほど重症化・長期化する傾向にあります。

※1 高齢者人口の状況(平成29年1月1日時点)住民基本台帳人口より
脳梗塞の患者数等tsvファイルをダウンロード(66 B)
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 133 27.30 73.79 20.30%
その他 35 17.14 76.20 22.86%
脳梗塞は、発症後なるべく早期の治療開始が必要です。
当院では、脳梗塞の発覚後速やかに治療に移れるように診療体制を整えており、3日以内に入院される患者が多数を占めております。
急性期治療を終えた患者さんに関しては、必要に応じて、慢性期治療を受けることができるように転院等の対応をしております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)tsvファイルをダウンロード(5.74 KB)
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) - - - - -
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
呼吸器内科では、肺の悪性腫瘍に対して抗悪性腫瘍薬剤の持続注入をするための植込型カテーテル設置を必要とする患者に対しては外科へ依頼して手術を行っております。その他、喀血の止血目的の血管塞栓術や気胸に対して気管支瘻孔閉鎖術も行っております。

※集計した結果、患者数10例未満のものに関しては個人情報保護のため表示していません。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 326 0.25 1.30 0.31% 67.39
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 158 2.73 8.79 1.90% 74.45
K654 内視鏡的消化管止血術 61 1.08 9.70 3.28% 72.41
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 55 2.31 7.24 0.00% 73.55
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 42 5.69 8.12 0.00% 66.90
消化器内科では、胃・大腸ポリープに対する内視鏡的ポリープ切除術、胆膵疾患に対する内視鏡的胆道ステント留置術や内視鏡的乳頭切開術などの内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査(ERCP)を用いた診断・治療、消化管出血に対する内視鏡的緊急止血を多く行っており、悪性腫瘍に対して抗悪性腫瘍薬剤の持続注入をするための植込型カテーテル設置を必要とする患者に対しては外科へ依頼して手術を行っております。
心臓血管内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 79 4.42 3.53 2.53% 69.48
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 39 0.03 21.97 2.56% 68.62
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 33 0.12 13.09 0.00% 72.45
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 31 6.32 9.23 3.23% 76.61
K5482 経皮的冠動脈形成術(エキシマレーザー血管形成用カテーテル) 23 2.09 17.52 8.70% 71.65
心臓血管内科では、急性心筋梗塞や狭心症に対する経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞・不安定狭心症・その他)や、ペースメーカーを必要とする症例にはペースメーカー移植術の実施や、電池交換等のためのペースメーカー交換術なども行っております。また、多様な重症の患者さんへ適切な診療を目指して、ロータブレーター・エキシマレーザーなどの特殊な冠動脈カテーテルインターベンション治療、心臓再同期治療(CRT)、植込型除細動器(ICD)などの治療を行っております。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) - - - - -
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術 - - - - -
K150 脳膿瘍排膿術 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
小児科では、2014年11月にはNICUが大幅に拡張整備され、新生児未熟児に起こるあらゆる事態に対応できる環境や準備が整いました。生まれて間もない新生児から時には20歳台前半までの、こども達の抱える様々な問題や疾病に対応しております。
重症例に対しては、より専門的な治療を行える病院などへのヘリコプター搬送など、医療中継地点としての役割も担っています。

※集計した結果、患者数10例未満のものに関しては個人情報保護のため表示していません。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 97 2.65 4.37 0.00% 60.65
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 69 3.45 8.16 1.45% 67.41
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 66 9.14 12.71 0.00% 73.50
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 50 1.72 2.52 2.00% 64.42
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 20 3.60 5.70 0.00% 69.50
外科では、胆のう炎に対する腹腔鏡下担当摘出術がもっと多くなっております。
次いで、肺の悪性腫瘍に対する胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術、結腸の悪性腫瘍に対する腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術、鼡径ヘルニア手術を多く行っております。
また、2019年よりロボット支援手術(ダヴィンチ)も導入しております。

腹腔鏡下・胸腔鏡下手術を導入し、「からだにやさしい低侵襲手術」を中心に診療を行っておりますが、胸腔鏡下手術にとらわれず、従来の開胸手術も含め、両者の利点も生かした「患者さんにとって一番よい治療は何か」ということを心がけ診療を行っております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 67 3.04 32.42 64.18% 82.57
K0821 人工関節置換術(膝) 45 1.44 18.31 0.00% 73.38
K0821 人工関節置換術(股) 41 2.83 17.22 4.88% 71.68
K0811 人工骨頭挿入術(股) 37 2.78 27.65 67.57% 84.68
K0462 骨折観血的手術(前腕) 23 1.43 3.70 0.00% 69.22
整形外科では、大腿骨骨折に対する骨折観血的手術が最も多くなっており、次いで、股関節や膝関節の人工関節置換術を多く行っております。

受傷後・術後の患者さんに対しては、リハビリテーション科と連携を取ってリハビリテーション治療を行い、早期退院・早期社会復帰を目指します。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 12 0.25 31.42 33.33% 80.08
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 11 3.55 5.09 9.09% 76.27
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 10 9.50 19.10 10.00% 73.70
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -
K1781 脳血管内手術(1箇所) - - - - -
脳神経外科では、硬膜下血腫に対する慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭)や動脈狭窄症に対する経皮的頸動脈ステント留置術が多く行っております。
他に、動脈瘤に対する脳血管内手術、くも膜下出血・動脈瘤に対する脳動脈瘤頚部クリッピング、脳腫瘍などの頭蓋内腫瘍摘出術を行っております。

また、リハビリテーション科と連携を取ってリハビリテーション治療を行い、早期退院・早期社会復帰を目指します。

※集計した結果、患者数10例未満のものに関しては個人情報保護のため表示していません。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 19 4.37 9.63 0.00% 73.74
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 12 1.50 1.42 0.00% 62.58
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) - - - - -
K5612イ ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) - - - - -
K5607 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(その他)) - - - - -
心臓血管外科では、腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術、下肢静脈瘤に対する下肢静脈瘤血管内焼灼術や、冠状動脈疾患(虚血性心疾患)
に対する冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上)、大動脈弁狭窄症に対する弁置換術、腎不全の人工腎臓実施のための内シャント設置術、などを行っております。

また、リハビリテーション科と連携を取ってリハビリテーション治療を行い、早期退院・早期社会復帰を目指します。

※集計した結果、患者数10例未満のものに関しては個人情報保護のため表示していません。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 54 1.15 4.17 0.00% 42.00
K877 子宮全摘術 34 1.44 6.88 0.00% 46.76
K867 子宮頸部(腟部)切除術 26 1.31 1.35 0.00% 40.08
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 25 1.12 4.44 0.00% 46.56
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 20 12.90 6.85 0.00% 32.60
婦人科では卵巣腫瘍に対する子宮附属器腫瘍摘出術、子宮筋腫などの子宮全摘術・腹腔鏡下腟式子宮全摘術、子宮頚部疾患に対して子宮頸部(腟部)切除術、悪性疾患に対しての腫瘍切除術を行っております。

産科では分娩にかかる手術として帝王切開術など行っております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 385 0.35 1.89 0.52% 74.99
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 33 1.15 6.39 0.00% 66.03
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) - - - - -
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) - - - - -
- - - - - - -
眼科では、白内障に対する水晶体再建術(眼内レンズ挿入)が最も多くなっております。次いで、黄斑変性・網膜前膜・網膜血管閉塞症等に対する硝子体茎顕微鏡下離断術となっております。他に、翼状片手術や水晶体再建術(眼内レンズ挿入しないもの)等を行っております。

※集計した結果、患者数10例未満のものに関しては個人情報保護のため表示していません。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 53 1.13 6.49 0.00% 57.00
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 53 1.17 6.72 0.00% 16.57
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術(片葉のみ) 31 2.29 5.16 0.00% 59.10
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術(切除) 27 1.81 4.85 0.00% 57.81
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 18 1.78 1.33 0.00% 7.72
耳鼻咽喉科・頭頸部外科では、慢性副鼻腔炎等に対する内視鏡下鼻・副鼻腔手術、扁桃肥大に対する口蓋扁桃摘出手術、甲状腺腫瘍(良性腫瘍・悪性腫瘍)に対する切除術や、中耳炎に対する鼓膜チューブ挿入術となっております。
手術は拡大鏡下手術、顕微鏡下手術、内視鏡下手術で行い、安全性と適格性を目指して手術を行うことを基本方針としております。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - - - - -
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - - - - -
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) - - - - -
K0022 デブリードマン(100cm2以上3000cm2未満) - - - - -
皮膚科では様々な皮膚病変を治療しており、皮膚悪性腫瘍に対する皮膚悪性腫瘍切除術、脂肪種や粉瘤等の良性腫瘍に対する皮膚皮下腫瘍摘出術、感染・壊死組織を除去し、創を清浄化することで他の組織への影響を防ぐデブリードマン、創傷処理(筋肉、臓器に達する)や皮膚切開術、身体の他部位から皮膚を採取し、皮膚が欠損している部位に移植をする全層植皮や分層移植等、必要に応じて外科的手術を行っております。

※集計した結果、患者数10例未満のものに関しては個人情報保護のため表示していません。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 75 1.84 4.23 0.00% 72.21
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 70 1.79 2.23 0.00% 61.04
K610-3 内シャント設置術 44 4.02 9.32 2.27% 66.93
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 37 1.86 11.78 0.00% 68.59
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 31 2.48 9.65 3.23% 68.84
泌尿器科では、膀胱癌に対する膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)、腎・尿管結石症に対する体外衝撃波腎・尿管結石破砕術となっております。
その他には急性・慢性腎不全に対する内シャント設置術、前立腺癌に対する腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(ロボット支援手術(ダヴィンチ))、腎腫瘍や尿管腫瘍に対して腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術を行っております。
救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
当院は救命救急センターに指定されており、最重症患者(三次救急)を受け入れており、他科と連携しながら広範な疾患について治療をしております。
また、ドクターヘリのスタッフとして積極的に病院前治療を行っており、患者さんの安全を守ることを第一の使命とし、釧根地域の救急医療を担っております。

※集計した結果、患者数10例未満のものに関しては個人情報保護のため表示していません。
麻酔科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 12 14.92 33.83 41.67% 69.42
K0841 四肢切断術(大腿) - 13.67 20.33 0.00% 69.00
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - 29.33 37.00 33.33% 71.00
- - - - - - -
- - - - - - -
麻酔科業務の「幹」は、患者さんが手術を安全にうけられるようにすることです。その仕事は、術前診察・麻酔の説明にはじまり、手術室での麻酔・呼吸・循環などの全身管理と安全管理、術後の疼痛コントロールが主となります。また、手術室全体が安全かつ効率的に運営できるよう、予定手術の管理と調整・設備の管理に携わっています。その知識と技術が生かされるのは手術室にとどまらず、救急外来、集中治療室にも及びます。

当院は救命救急センターに指定されており、最重症患者(三次救急)を受け入れており、他科と連携しながら広範な疾患について治療をしております。
また、ドクターヘリのスタッフとして積極的に病院前治療を行っており、患者さんの安全を守ることを第一の使命とし、釧根地域の救急医療を担っております。


※集計した結果、患者数10例未満のものに関しては個人情報保護のため表示していません。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)tsvファイルをダウンロード(311 B)
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0%
異なる 3 0.03%
180010 敗血症 同一 14 0.12%
異なる 33 0.28%
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0%
異なる 0 0%
180040 手術・処置等の合併症 同一 49 0.42%
異なる 13 0.11%
DIC(播種性血管内凝固症候群)、敗血症、真菌症や手術・術後の合併症は、極力減少できることが望ましい疾患です。
感染症の重篤化に伴うDIC、敗血症、真菌感染症などが発生した際には、早急な治療の開始ができるよう体制を整えております。
また、手術の合併症においては事前に起きうる合併症についての説明を行い、発生した際には速やかに対応できるよう患者の理解と体制の整備に努めております。

※入院契機項目の同一とは、傷病名と同一性のある疾患で入院したことを表しています。
更新履歴
2019/9/30
平成30年度 市立釧路総合病院 病院指標のページを公開
前年度までのデータ
平成29年度 病院指標  
平成28年度 病院指標  
平成27年度 病院指標

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る