ここからメインメニュー

メインメニューここまで

診療科・部門

ここから本文です。

麻酔科

麻酔科のご紹介

  • 麻酔科業務の「幹」は、患者さんが手術を安全にうけられるようにすることです。その仕事は、術前診察・麻酔の説明にはじまり、手術室での麻酔・呼吸・循環などの全身管理と安全管理、術後の疼痛コントロールが主となります。また、手術室全体が安全かつ効率的に運営できるよう、予定手術の管理と調整・設備の管理に携わっています。その知識と技術が生かされるのは手術室にとどまらず、救急外来、集中治療室にも及びます。
  • 当院は救命救急センターでもありますので、麻酔科は他科と連携しながら最重症患者(三次救急)を受け入れ、急性期管理・術後管理をしています。2009年からは、ドクターヘリのスタッフとして積極的に病院前治療にも応じています。
  • また、地域における役割として、メディカルコントロール・症例検証・講習会を通じ、消防・救急隊との共通認識を構築し、さらには地域の救急病院と消防の意思疎通の橋渡しをさせていただいています。
  • 患者さんの安全を守ることを第一の使命としながら、さらに地域のお役にたてるプロフェッショナルな集団として、これからも研鑽してまいる所存です。

学会認定状況

日本麻酔科学会、日本ペインクリニック学会、日本救急学会の認定、関連施設となっております。

診療実績

診療実績(2011年から2013年まで)

件数/年 2011年 2012年 2013年
手術件数 2,017 2,286 3,346
麻酔科管理件数 2,037 2,290 3,292
全身麻酔件数 1,906 2,181 3,097

医師一覧

医師一覧については、こちらよりご確認ください。

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る