ここからメインメニュー

メインメニューここまで

診療科

ここから本文です。

整形外科

整形外科のご紹介

  • 整形外科では、外傷性疾患(交通外傷・労働災害・スポーツ外傷・その他)、加齢変性疾患、腫瘍性疾患、先天性疾患、成長期疾患など、運動器に関わる様々な疾患を対象とします。対象は、男女を問わず新生児から100歳以上のお年寄りまで、幅広い年齢層をカバーしています。
  • 当院は、釧路・根室地方で唯一の救命救急センターに指定されており、3次救急対応になっています。そのため、外傷でも重症に分類される多発外傷・重度開放骨折・脊髄損傷・四肢切断・不安定型骨盤骨折など、救命を最優先にするべき症例も多数搬送されてきます。最近は、道東地区ドクターヘリの稼働により、以前は救命が難しかった重症の患者さんも数多く当院へ搬送されるようになりました。麻酔科ドクターをはじめ、関連する他科のドクターと連携を取りながら、処置・治療に当たっています。
  • 高齢化社会の進展により、骨粗鬆症という疾患がクローズアップされています。骨が弱くなることで転倒など、軽い怪我でも簡単に骨折してしまいます。場合によっては、このような骨折によって寝たきり状態になってしまうこともあります。
  • 骨粗鬆症は予防することが大事です。当科でも、レントゲン検査、骨密度検査、骨代謝マーカーなどを調べる血液検査などで患者さんの骨の状態を調べて、栄養・運動指導、お薬による治療など、骨粗鬆症の予防・治療を行っています。
  • その他、下記のような疾患に対して、診断・治療に当たっております。

診療内容(主な取り扱い疾患)

外傷性疾患 頭蓋骨・顔面骨・耳小骨・舌骨を除く上肢・下肢・体幹の骨の骨折(開放骨折を含む)、関節脱臼、靱帯損傷、腱断裂、肩腱板損傷、膝半月板損傷、軟骨損傷、脊椎・脊髄損傷、神経・血管損傷、腕神経叢麻痺など。
変性疾患 変形性関節症(肩・肘・指・股・膝・足など)、肩関節周囲炎(五十肩)、上腕骨外上顆炎、腱鞘炎、ドッケルバン病、ばね指、腰痛症(ぎっくり腰を含む)、腰椎椎間板ヘルニア、頚椎椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症、腰椎分離すべり症、腰椎変性側弯、頚椎症性脊髄症など。
腫瘍性疾患 良性腫瘍(骨・軟部)、ガングリオンなど。
※悪性骨軟部腫瘍に関しては、北海道がんセンター・北海道大学病院などと連携を取って対応いたします。
先天性疾患 先天性股関節脱臼、先天性内反足、先天性筋性斜頚、合指(趾)症、多指(趾)症、先天性側弯症など。
成長期疾患 脊柱側弯症、大腿骨頭すべり症、ペルテス病、骨端症、オスグッド病、臼蓋形成不全など。
紋扼性神経障害 肘部管症候群、手根管症候群、尺骨管症候群、足根管症候群など。
骨粗鬆症に伴う脆弱性骨折 大腿骨頚部骨折、大腿骨転子部骨折、上腕骨頚部骨折、橈骨遠位端骨折、脊椎圧迫骨折、椎体圧潰による脊髄・馬尾障害など。
厚生労働省指定特定疾患 後縦靱帯骨化症、特発性大腿骨頭壊死症、広範脊柱管狭窄症。

外来診療

一般外来(午前のみ)

  • 上肢・下肢・脊椎に分けて診療しています。また、新患担当医と再来担当医(予約制)を曜日ごとに決めています。
  • 問診、診察、レントゲンから大まかに診断をつけ、必要があればCT、MRI、骨シンチグラフィー、電気生理学的診断などの精密検査を行います。
  • 正確な診断をつけて、適切な治療を行います。手術の必要性・入院の必要性などを検討し、患者さんやご家族の方々と相談しながら、現在の医療レベルからみて最善と思われる治療方法を決定します。

病棟(入院)診療

  • 整形外科の病床は約50床です。主に、手術治療を要する方、起立歩行ができない方(強い痛み・麻痺・骨折など)、検査入院(脊髄造影など)が必要な方が入院の対象になります。
  • 受傷後・術後の患者さんに対しては、当院のリハビリテーション科と密接に連携を取ってリハビリテーション治療を行い、早期退院・早期社会復帰を目指します。

学会認定状況

当科は、日本整形外科学会認定の研修病院に指定されています。
現在、日本整形外科学会認定専門医3名、日本脊椎脊髄病学会認定指導医1名、日本体育協会公認スポーツ医2名が在籍し、日常診療を行いつつ、研修医・若手ドクターの指導に当たっています。

診療実績

各部位ごとの総手術件数(2014年から2018年まで)

分野/年 分類 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
脊椎 頚椎 14 12 17 13 12
胸腰椎 4 13 17 14 7
腰椎 49 60 50 52 50
仙骨・骨盤 3 3 9 16 10
上肢 外傷 104 92 217 173 198
神経疾患 19 23 21 21 14
皮弁、先天異常 4 2 5 3 1
その他 30 72 84 80 78
下肢 人工関節 54 63 78 84 91
大腿骨近位端骨折 80 84 109 125 111
膝十字靭帯再建など 6 9 5 6 7
膝半月板手術 3 9 9 3 5
外傷
(大腿骨近位端骨折以外)
117 113 97 132 129
その他 77 54 90 76 75
腫瘍 8 8 16 15 14
572 617 824 813 802

各部位ごとの臨時・緊急手術件数(2014年から2018年まで)

分野/年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
脊椎 10 10 15 12 8
上肢 39 57 109 70 83
下肢 58 96 59 79 82
107 163 183 161 173

医師一覧

医師一覧については、こちらよりご確認ください。

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る