ここからメインメニュー

メインメニューここまで

診療科・部門

ここから本文です。

消化器内科

消化器内科のご紹介

  • 当科では、主に消化器全般(食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肝臓・胆のう・胆管・膵臓など)の病気を対象としております。むねやけ、食物のつまり感、胃痛・腹痛、下痢・便秘・便通異常、血便、体重減少、食欲不振などの消化器症状や健康診断で肝機能障害など消化器系の異常を指摘された場合などに受診いただいております。診療にあたっては専門学会が作成している診療ガイドラインに準拠するよう心がけております。
  • 診察後、上・下部内視鏡検査、腹部CT/MRI検査、腹部超音波検査、各種血液検査などによる精密検査を行います。必要に応じて(1)胆膵疾患に対する内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査(ERCP)を用いた診断・治療、(2)膵病変に対する超音波内視鏡下穿刺吸引術(EUS-FNA)検査、(3)消化管出血に対する内視鏡的緊急止血術、(4)胃食道静脈瘤に対する内視鏡的食道静脈瘤硬化術・結紮術、(5)胃・大腸ポリープに対する内視鏡的ポリープ切除術、(6)炎症性腸疾患(クローン病や潰瘍性大腸炎)に対する生物学的製剤や顆粒球除去療法による治療、(7)B型・C型ウイルス性肝炎に対する経口剤による抗ウイルス治療、(8)胃潰瘍・慢性胃炎に対するヘリコバクターピロリ菌除菌治療、(9)小腸疾患に対するカプセル内視鏡やダブルバルーン内視鏡検査などを日常的に行っております。内視鏡室には看護師が11名おり、うち7名が内視鏡技師免許を取得しております。
  • さらに当院はがん地域診療連携拠点病院に指定され消化器癌診療を積極的におこなっております。がんの低侵襲的治療として、胃がん・大腸がんの内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)や肝がんのラジオ波焼灼療法(RFA)・カテーテル塞栓術、内視鏡的胆管ステント治療・減黄術などを行っており、手術が必要な患者さんには外科との定期的カンファレンスで手術方法など検討し、その都度最適な治療法を選択しております。また放射線療法やがん化学療法も機器の整備や体制を整えた上で実施しており、身体的および精神的な苦痛に対しては力を入れて治療・支援させていただいております。
  • 病状が安定されている患者さんにはお近くの医療機関への通院治療をお願いすることがございます。あらかじめご了承ください。
  • 診療を進めるにあたり、その都度患者さんやご家族へ説明をさせていただいております。患者さんに同意をいただいたうえで、心あたたかで、質の高い医療を提供するべく、日々研鑽を積んでおります。

学会認定状況

日本内科学会教育関連病院、日本消化器病学会認定施設、日本消化器内視鏡学会認定指導施設、日本消化管学会胃腸科指導施設、日本臨床腫瘍学会認定施設、日本がん治療認定医機構認定施設、日本リウマチ学会認定施設などになっております。  

診療実績

内視鏡関連の診療実績(2014年から2018年まで)

上部消化管内視鏡検査・治療

内訳/年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
GIF 2,852 3,183 3,036 2,795 2,961
EMR 11 9 6 5 10
ESD 42 45 57 37 41
止血術 85 78 91 70 88
異物除去術 13 13 6 7 6
EVL 27 27 30 24 29
EIS 1 2 1 0 0
PEG 33 30 36 44 43
メタリックステント 食道 7 2 1 5 5
メタリックステント 胃 0 6 1 4 4
メタリックステント 十二指腸 3 4 6 2 5
ERCP 392 349 332 301 372
EST 122 93 113 140 152
砕石・採石 132 90 115 126 147
EP(L)BD 75 38 34 24 24
ENB(P)D 128 79 68 71 101
チューブステント 192 169 166 101 138
IDUS 79 77 67 33 36
EMS 48 36 36 28 32
DBE 16 12 15 4 6
EUS ミニチュア 30 15 34 30 28
EUS ラジアル 7 1 2 0 0
EUS コンベックス 55 98 55 43 37
EUS FNA 30 50 32 32 30
EUS B(P)D 9 12 11 12 8

下部消化管内視鏡検査・治療

内訳/年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
CF 2,007 2,117  2,094 2,219 2,141
EMR 238 313 344 311 293
ESD 18 11 16 18 7
止血術 93 138 163 100 101
メタリックステント 6 1 2 10 8
イレウス管 9 5 7 6 4

小腸内視鏡検査・治療

内訳/年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
SIF 11 10 13 9 9
カプセル内視鏡 31 35 19 32 25

内視鏡検査総数

内訳/年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
上部 3,320 3,627 3,425 3,139 3,370
下部 2,007 2,117 2,094 2,219 2,141
合計 5,327 5,744 5,519 5,358 5,511
  • 内視鏡関連の診療実績は、内視鏡情報管理システムの実施実績データを引用しています

肝臓関連の診療実績(2014年度から2018年度まで)

経皮的治療

内訳/年 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
  ラジオ波焼灼療法   41 40 31 23 18
PEIT 24 5 0 2 8
合計 65 45 31 25 26

腹部血管内治療

内訳/年 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
肝動脈塞栓療法 36 50 43 42 33
肝動注療法 27 16 7 4 5
部分的脾動脈塞栓療法 4 2 4 0 1
B-RTO 5 1 1 4 3
TAE(止血目的) 8 8 9 4 14
診断造影のみ 9 16 6 1 6
合計 89 93 70 55 62

CT検査

         内訳/年       2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
   CTAP/CTHA  12 10 4 0 0
  • 肝臓関連の診療実績は、放射線科情報システムの実施実績データを引用しています

医師一覧

医師一覧ついては、こちらよりご確認ください。
 

消化器内視鏡に関連した偶発症の全国調査

当院は、消化器内視鏡に関連した偶発症の全国調査に参加しています。
pdf消化器内視鏡に関連した偶発症の全国調査について(150.78 KB)

研究業績

学会発表(2018年)

1)第104回日本消化器病学会総会 2018年4月19日~4月21日
 内視鏡的粘膜下層剥離術で切除し得た粘膜筋板由来と考えられた胃GISTの一例
 三宅高和、鈴木一也、大久保陽介、越前栄次朗、菅野伸一、若杉英樹、米澤和彦

2)第95回日本消化器内視鏡学会総会 2018年5月10日~5月12日
 アルコール性膵炎に対して各種内視鏡治療を施行した一例
 
三宅高和、鈴木一也、大久保陽介、越前栄次朗、菅野伸一、若杉英樹、米澤和彦

3)第123回日本消化器病学会北海道支部例会、第117回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会
  2018年9月22日~9月23日
 当院における術後再建腸管に対するダブルバルーン内視鏡(DBE)下胆管結石治療の検討
 
三宅高和、鈴木一也、大久保陽介、越前栄次朗、菅野伸一、若杉英樹、米澤和彦

4)第26回 JDDW 2018年11月1日~11月4日
 85歳以上の高齢者における胃ESDの検討
 三宅高和、鈴木一也、大久保陽介、越前栄次朗、菅野伸一、若杉英樹、米澤和彦

5)第95回日本消化器内視鏡学会総会 2018年5月10日
 当院における悪性胆道狭窄に対するEUS-BDの現状
 
大久保陽介、鈴木一也、三宅高和、林優希、福田昂一郎、米澤和彦

6)第26回日本消化器関連学会週間 2018年11月3日
 EUS下経直腸ドレナージが有用であった骨盤内膿瘍の3例
 大久保陽介、鈴木一也、三宅高和、林優希、福田昂一郎、米澤和彦

日本消化器内視鏡技師学会発表実績

開催年 学会名 演題 受賞歴
2015年 第75回日本消化器内視鏡技師学会 カプセル内視鏡読影支援技師による一次読影の検討
2016年 第77回日本消化器内視鏡技師学会 PillCamSB3における電波干渉の実態と電波波防護服:MGベストの使用経験
2017年 第79回日本消化器内視鏡技師学会 シリコン印象を用いた上部ESD中の口腔保護の取り組み(パテ法) 学会長賞受賞
2018年 第81回日本消化器内視鏡技師学会 食道ESD時の顔面のルゴール沈着予防に対する取り組み
2019年 第83回日本消化器内視鏡技師学会 患者の安全に留意した当院のERCP施行時の看護師の役割
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る