ここからメインメニュー

メインメニューここまで

福利厚生

ここから本文です。

福利厚生

施設の概要など

施設の概要などについては、こちらよりご確認ください。
 

諸手当

通勤手当 4,700~37,000円
車の場合(※バスの場合は定期券相当額など)
住居手当 最高 27,500円
扶養手当 6,500~13,000円(1人につき)
期末勤勉手当(賞与) 年2回、3.95月分
寒冷地手当 8,800~23,360円/月
11~3月に支給
このほか、危険手当、待機手当、緊急呼上手当などがあります。
昇給 年1回1月

休暇制度など

年次休暇 年20日(繰越最大20日)
夏季・盆休暇 5日
病気休暇 年間90日(勤務期間による加算あり)
その他 結婚、忌引、介護、特殊休暇など

加入保険制度

健康保険・年金 北海道市町村職員共済組合
労災 地方公務員災害補償法
雇用保険 地方公務員のため加入なし

福利厚生など

職員福利厚生会 各種親睦行事、割引助成など

子育てに関するサポートなど(詳細は、お問い合わせ下さい)

院内保育所 小学校就学前まで(職種により制限あり)
産前・産後休暇 各8週間(多胎の場合は産前14週間、産後8週間(夜勤を伴う変則勤務につく場合は10週間))
育児休業 子が3歳に達するまで、仕事を休むことができます。(無給)
育児短時間勤務 子が小学校に就学に達するまで、勤務時間を短縮して働くことができます。
妊娠障害休暇 つわり等で勤務できないとき
育児時間 1歳未満の子の世話をするためのとき
出産休暇 職員の妻の出産に伴う退院や、各種届出等で必要なとき
妊産婦通院休暇・
母性健康管理休暇
保健指導・健康診査により医師から指導をうけたとき
子の予防接種等
付き添い休暇
予防接種、1歳6ヶ月健診などの付き添いのため
子の看護休暇 就学前の子の看病や通院付き添いのため
育児参加休暇 職員の妻が出産する(した)場合、小学校就学前の子を養育するため

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る