ここからメインメニュー

メインメニューここまで

病院概要

ここから本文です。

院長挨拶

 市立釧路総合病院は明治5年(1872年)官立病院として設置され今年(2017年)で146年目を迎える歴史のある病院です。昭和59年(1984年)に、ここ春採湖を望む春湖台に移転しました。

 平成21年(2009年)に導入された道東ドクターヘリは今や当院の三次救急救命センターとしての役割に欠くことのできない存在となり、北網、十勝地域にも運航圏を拡大し広大な道東地域の救急医療を支えております。また、地域がん診療連携拠点病院、地方・地域センター病院、災害拠点病院などの指定を受け、高度医療の提供と臨床研修病院として教育研修に力を注いでおります。

 国は団塊の世代が75歳を迎える2025年に向けた医療・介護提供体制を構築するために大きな制度改革を進めております。このたび地域医療構想が二次医療圏ごとにまとめられ、この釧路二次医療圏でも機能分化や必要病床数の見込みが示され、また在宅医療の推進が求められています。地域包括ケアシステムの構築と謳われていますが北海道新幹線の開業や道東道の延伸があっても、この広大な地域で現在の乏しい医療資源では全国一律的な方法での実現は厳しいと思われます。この地域の実情にかなった、今ある医療資源を最大に活用した独自の医療・介護体制の構築が必要と考えます。生活の重要なインフラである医療が地域医療構想のメッセージの受け取り方によっては地域医療の縮小をまねき、さらなる地域過疎に拍車がかかることがないように医療計画とともにその内容に厳しい監視の眼を向けることが重要です。

 一方、釧根地域での地域完結型の医療を将来にわたって維持するために病院の機能分化と連携は、さらに進めていかなければなりません。そこで当院は平成27年2月に「これからの地域医療を見据えた市立釧路総合病院の医療構想」をまとめ、市に上申いたしました。当院の理念である「信頼と満足の創造」のもと、①救急医療の充実②災害医療の備え③周産期・小児科医療の充実④がん医療の充実⑤高度医療・チーム医療の推進⑥患者サービスの向上からなる6つの重点目標を掲げ将来に向けた市立釧路総合病院の役割と運営方針を検討し、さらに、それらを踏まえ平成29年2月には新公立病院改革プランをまとめました。

 次世代へつなげる、継続性のある医療提供体制を構築するために本年度より平成33年度竣工予定の新棟建設がはじまります。皆様には工事中のご不便をおかけすることを心よりお詫び申し上げます。

 私たちは釧根地域の33万人の住民の皆様が安心して生活をおくれるように地域の医療機関、介護施設や住民の皆様、行政とも今まで以上に連携を深め、日々の研鑽を怠らず、高度医療提供体制の継続と進化に努力してまいりたいと思います。

 重ねまして、住民の皆様と関係各機関のご理解とご協力をお願いいたします。
 
平成29年4月 市立釧路総合病院 院長 高平 真

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る