ここからメインメニュー

メインメニューここまで

診療科・部門

ここから本文です。

放射線治療科

放射線治療科のご紹介

  • 放射線治療科は、がんの放射線治療を行っています。全てのがんが放射線治療の対象になります。がんの治療は、根治治療と姑息治療に分けられますが、放射線治療は根治治療としても、姑息治療としても行われます。また、手術の前或いは後に放射線治療を行うこともあります(術前照射、術後照射といいます)。
  • 当科の放射線治療の機器は、外照射を行うリニアック1台、小線源治療を行うラルス(RALS)1台、放射線治療計画専用のCT装置1台です。当科のリニアックは、位置決め用の画像検査装置を備えた最新の機器で、定位放射線治療、呼吸同期を用いた放射線治療、強度変調放射線治療(IMRT)も実施可能です。

診療内容(主な取扱い疾患)

  • 放射線治療の対象となる疾患はがん(悪性腫瘍)で、脳、頭頚部、胸部、腹部、骨盤部、皮膚、骨軟部、血液造血器、小児腫瘍など、広範囲に及びます。また、良性の脳腫瘍、ケロイドなど、がん以外の疾患も放射線治療の対象となります。
  • 放射線治療の中心である外照射(外部照射あるいは対外照射ともいいます)については、ほぼ全ての疾患の放射線治療を実施し、定位放射線治療、画像誘導放射線治療、呼吸同期を用いた放射線治療も実施しています。なお、IMRT、全身照射は実施していませんが、IMRTは実施に向けて準備中です。
  • 放射線治療のもう一つの柱である小線源治療では、腔内照射(RALS)を実施しています。なお、組織内照射は実施していません。
  • 放射線同位元素を体内に投与する治療の中では、ストロンチウムによる骨転移の疼痛緩和治療を当科で実施しています。

外来診療

外来診療日は月・火・水・木・金曜日の午前で、完全予約制です。
初めて当科を受診される場合は、主治医からの紹介状が必要です。お電話でご予約していただき、受診してもらいます。なお、医師不在の場合は、外来診療は休診となります。

入院診療

当科の病床はありません。当院の患者さんで、入院での放射線治療が必要な場合は、担当科(主治医が所属する科)に入院の上、放射線治療を行います。他院から紹介された患者さんで、入院が必要な場合は、まず紹介元の病院に入院し、そこから当院に通院して放射線治療を受けてもらうことになります。

学会認定状況

日本放射線腫瘍学会認定施設になっています。

臨床研修

詳細については、関連情報「臨床研修」をご覧ください。

診療実績

過去5年間の放射線治療実績

分野/年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年
新規患者数合計※1 241 270 236 331 247
内訳
脳・脊髄腫瘍 4 1 3 4 2
頭頚部腫瘍 19 24 17 38 34
食道がん 11 23 8 18 10
肺がん・気管・縦隔腫瘍 88 106 104 83 74
うち肺がん 84 101 98 80 71
乳がん 36 30 30 74 33
肝・胆・膵がん 11 8 6 6 10
胃・小腸・結腸・大腸がん 8 12 13 19 8
婦人科腫瘍 19 17 16 23 20
泌尿器腫瘍 47 37 28 52 47
うち前立腺がん 27 28 17 36 36
造血器リンパ系腫瘍 6 10 8 7 8
皮膚・骨・軟部腫瘍 1 1 0 5 0
その他(悪性腫瘍) 1 1 3 2 1

過去5年間の特殊治療患者数

分野/年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年
脳定位照射 20 18 26 14 7
うち脳転移 19 17 26 12 7
体幹部定位照射 12 17 13 9 11
うち肺 9 15 11 7 9
うち肝臓 3 2 2 2 2
腔内照射 9 9 4 5 8
※1ある年に新規患者として当科を受診し、その年に当科で放射線治療を受けた患者数

医師一覧

医師一覧ページへのリンク

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る