ここからメインメニュー

メインメニューここまで

診療科・部門

ここから本文です。

眼科

眼科診療体制変更のお知らせ

2019年10月1日(火)より、現在医師2名で行っている診療が1名に減員となることから、眼科の外来診療を次のとおり変更いたします。皆様には大変ご迷惑をお掛けしますが、ご理解とご協力の程、よろしくお願い致します。

現在、通院されている患者様について(再診)

当院での専門治療が必要な患者様につきましては、今後も『完全予約制』の中で診療させていただきます。『症状が落ち着いている患者様につきましては、地域の医療機関へ御紹介』させていただきます。

新たに当院を受診される患者様について(初診)

2019年9月2日(月)以降は、完全紹介制による診療とさせていただきますので、『他医療機関からの紹介状が必要』となります。 直接、当院の窓口に来られましても診察はできませんので、『紹介元の医療機関を通じて予約』されてからご来院下さい。

また、2019年8月30日(金)迄の初診患者様につきましても、現在通院されている患者様(再診)と同様に、症状によっては地域の医療機関へ御紹介させていただきます。

眼科のご紹介

  • 眼球、眼瞼について薬物による内科的な治療から、手術等の外科的な治療までの全てを扱います。
  • 視力低下や視野欠損、飛蚊感等の見え方の異常はもとより、充血、斜視等の外見上の異常、眼痛、流涙がある場合が対象です。
  • 眼精疲労も病気が原因となっていることがあります。症状がない場合でも、糖尿病や高血圧症の方は定期的に検査する必要があります。
  • 緑内障では重症になるまで症状がない場合が多く、40歳以上の方は一度検査をすることをお勧めします。再診は基本的に予約制になっており、できるだけ待ち時間を少なくするようにしております。

学会認定状況

日本眼科学会の認定、関連施設となっております。

診療実績

過去5年間の手術件数

件数/年度 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年
総手術件数 326 357 415 350 541
白内障手術件数 309 321 382 321 460
硝子体手術件数 12 24 21 21 61
その他 5 12 12 8 20

医師一覧

医師一覧については、こちらよりご確認ください。

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る