ここからメインメニュー

メインメニューここまで

専門・認定看護師

ここから本文です。

救急看護

ご紹介

救急外来に勤務し、日中救急車で搬入される患者さんと夜間救急外来を受診する患者さんの受け入れ、院内外の急変時教育などを担当しています。
また、フライトナースとしてプレホスピタルの活動やDMAT隊員として災害活動に携わっています。
当病院は道東で唯一の3次救命救急センターに指定されており、緊急度・重症度の高い患者さんの受け入れも行っています。
突然の病気やけがに戸惑う患者さんや家族にとって少しでも力になれるような看護と在宅や各外来・病棟へつなげる看護を目指し、日々研鑚しています。
救急外来スタッフと共に患者さんにとってBESTな看護ができるように、今後も頑張っていきます。
宜しくお願いします。
 

救急看護認定看護師  三上育子

活動報告

第23回全国フライトナース勉強会開催

2018年7月14日(土)、全国23施設53人の参加をいただき、全国フライトナース勉強会を開催しました。北海道の4基地だけではなく、大阪・三重など遠方からもたくさんのフライトナースが参加してくれました。各施設での特徴や困っていることなどを時間の許すかぎりディスカッションすることが出来ました。この日は天気にも恵まれ、道東の初夏を感じていただけました。
 

災害訓練への参加

2016年11月5日(土)、企画から運営まで携わっていた災害訓練が沢山の消防職員の皆様と病院職員の協力の下、無事に終了することができました。本番さながらに、緊張感のある訓練となりました。「災害は、いつ起こるかわからない」ので、災害拠点病院としての役割をしっかりと果たすべく、初期対応を再確認することができました。
 
 

大樹町立国民健康保険病院災害研修にて講義

2016年10月25日(火)、大樹町立国民健康保険病院災害研修に講師として招かれました。院内災害マニュアルを基に、病院図面を用いて実際の災害が起こった時にどうしたらよいか?果たしてマニュアル通りに行動することが可能か?を問い掛けました。実際に、台風被害が起きたばかりだったので、職員の皆さんの意識が高かったです。

課長補佐会にて講義

2016年9月20日(火)、課長補佐会にて災害対策に対する講義を行いました。その後、病院の図面を使用して火災時・地震時の初期対応や当直時の行動を確認しました。課長補佐としてどのように考えて行動するのか話し合いも白熱しました。
 

釧路北陽高等学校にて講義・演習

2016年9月15日(木)、釧路北陽高等学校 「看護・医療フィールド」北陽高校にて救命救急法とAEDについての講義と演習を行いました。高校にもAEDは設置されており、日頃から命を意識することが大切であることを伝えました。

本文ここまで

ここからサブメニュー

認定看護師

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る