ここからメインメニュー

メインメニューここまで

セクション紹介

ここから本文です。

手術室の紹介

手術室看護師の役割
手術室の看護師は
  1. 麻酔看護師
  2. 間接(外回り)看護師
  3. 直接(器械出し)看護師
の3つがあります。
麻酔科看護師は、麻酔科医師の指示の下、薬剤の準備や患者さんの状態観察をします。
皆さんになじみがあるのは直接看護師で、テレビドラマなどで医師にメスを渡す人です。

ダヴィンチ手術と執刀医の様子
内視鏡下手術にロボットの機能を組み合わせたダヴィンチ手術を行っています。
患者さんの術前・術後訪問にも力を入れて、患者さんの不安が少しでも軽減できるように頑張っています。
手術室は9室あり、毎日13件前後の手術がありますが、スタッフみんなで楽しく仕事をしています。

本文ここまで

ここからサブメニュー

セクション紹介

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る