ここからメインメニュー

メインメニューここまで

セクション紹介

ここから本文です。

手術室の紹介

手術室看護師の役割
手術室の看護師は
1.麻酔看護師
2.外回り看護師
3.器械出し看護師
の3つの役割があります。
外科医・麻酔科医・臨床工学技士など多職種と連携しながら手術に臨み、患者のケアを行っています。
教育システムも充実しており、毎年新人看護師が配属されスタッフ全体で人材育成に取り組んでいます。

心臓血管外科の手術

ダヴィンチ手術
手術室は9室あり、手術件数は年間4000件を超え、定期手術のほか、3次救急救命センターとして24時間、365日緊急手術に対応できるように日々みんなで協力し頑張っています。
内視鏡下手術にロボットの機能を組み合わせた、ダヴィンチ手術を行っています。
その他にも、腹腔鏡下手術・胸腔鏡下手術も多く行っています。
手術の高度化で手術室看護師の専門性が求められています。
術前・術後訪問にも力を入れて、不安が少しでも軽減し、患者様に寄り添いながら安全に手術が行えるように努めています。

整形人工関節置換術の手術

手術室スタッフ

本文ここまで

ここからサブメニュー

セクション紹介

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る