ここからメインメニュー

メインメニューここまで

セクション紹介

ここから本文です。

6B病棟の紹介

病棟の特徴
6B病棟は心臓血管外科、消化器外科の混合病棟です。
心臓血管外科では冠動脈バイパス術、弁置換・人工血管置換術、静脈瘤レーザー焼灼術、血栓摘除術などを行います。
消化器外科では腹腔鏡下または開腹による手術、人工肛門造設術などを行います。
手術を受けられる急性期の患者さんが多い病棟です。
病棟のアピールポイント
患者さんや家族が安心して手術に臨めるように、不安や心配なことをとらえて、術前オリエンテーションの充実を図っています。
手術後は少しでも早く元の生活に戻れるように、多職種と連携して、早期のリハビリテーションや退院支援に取り組んでいます。
退院後の食事についても栄養師さんと協力し、食生活についての工夫やどのような食べ方をすると良いか食事指導を行っています。明るく若いスタッフの力で頑張っています。

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る