ここからメインメニュー

メインメニューここまで

セクション紹介

ここから本文です。

5B病棟の紹介

病棟の特徴
消化器疾患に罹患している急性期から、慢性期、終末期まで幅広い患者さんが入院しています。急性期では、内視鏡治療や化学療法、放射線療法、AGやRFA(肝臓の治療)など様々な治療が行われます。終末期の患者さんに対しては、緩和ケアへの導入など他職種との連携を密にとり支援しています。


病棟のアピールポイント
急性期から終末期まで幅広い患者さんと関わることができるため、様々な疾患に対する看護実践や、看護技術を習得することができます。
様々な医療に対応できるように急性期医療の知識を深め、患者さんが安心して療養生活が送れるよう努めています。
フレッシュな新人看護師も、ベテランの先輩看護師と同じような患者さんへの支援ができるよう手厚いサポートをしています。
在宅での生活を望む患者さんや、最期の時を自宅で迎えたい患者さんが増えており、その思いに寄り添い、望む生活、予後を送れるように多職種との連携や、患者、家族との信頼関係を築き、安心して退院ができるよう努めています。
在宅療養に加えて、苦痛の強い患者さんには緩和ケア病棟との連携をとり、呼吸苦や疼痛など、患者それぞれの苦痛を緩和させられるよう、患者さんと、家族の意向を取り入れた看護の提供ができるように努めています。

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る