ここからメインメニュー

メインメニューここまで

看護部長より

ここから本文です。

看護部長より

ごあいさつ

 超少子高齢社会に突入し、治るまで病院に入院して治療をする「病院完結型」の医療から、住み慣れた地域や自宅での生活を支える「地域完結型」の医療に変わりつつあります。
  自院は、特に少子高齢化、人口減少が進んでいる釧根地域で、急性期医療を中心とした釧路市唯一の自治体総合病院として、釧路・根室の三次医療圏の皆様の生命と健康を維持し、地方センター病院の役割を担い、安心・安全な医療の提供はもとより、高度医療を提供する役割を担っている医療機関であります。
  このような中、看護の現場でも、専門性の高いスキルから在宅医療、地域との連携強化など、多岐にわたる役割が求められており、自院においては、地域の皆様が安心して治療を受けることができるように、安心・安全な環境を確保し、心のこもった看護の充実を図るために、日々努力をしていきたいと考えております。
 そのためには、以下に示す「看護の理念」や「看護部運営方針」「重点目標」を実現するため、職務の遂行を図るとともに、看護職員が安心して働き続けられるような職場環境整備を図っていきたいと考えており、看護部長として『いつも笑顔で活き活きと』をモットーに職員と共に明るく、風通しの良い職場環境作りに努めたいと考えております。
                                   市立釧路総合病院
看護部長 認定看護管理者
藤原 智恵美

看護理念

『個人の尊重と心のこもった看護』

看護部運営方針

  1. 患者・家族を尊重し、満足される心のこもった看護ができる。
  2. 看護の専門性を発揮し、安全・安心・安楽な看護が提供できる。
  3. 心豊かな人間性を養い、常に学習することを怠らず、自己研鑚に努める。
  4. 変化する時代の要請に応え、医療チームの一員として病院運営にかかわる。
  5. 「人」を大切にし、「人」が育つ組織づくりに努める。

2020年度 重点目標

  1. 高度急性期医療を継続・提供できる組織の連携強化。
  2. 患者・家族が安心・安全な療養環境を提供する。
  3. 働きやすさと働き続けられる環境を提供する。

看護部教育理念

心豊かな人間性を養い、患者・家族の人権を守り、安全で質の高い医療・看護を提供できる看護職を育成します。

教育目標

  1. 科学的根拠に基づいた看護ケアが実践できる看護職を育成します。
  2. 多職種と協働し、患者中心のチーム医療が実践できる看護職を育成します。
  3. 生涯学習する姿勢を継続できる看護職を育成します。
  4. 問題意識を持ち、看護研究に取り組むことができる看護職を育成します。
  5. 教育的環境を整え、学生や職場復帰を支援します。

本文ここまで

ここからサブメニュー

看護部

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る