ここからメインメニュー

メインメニューここまで

セクション紹介

ここから本文です。

3A病棟の紹介

病棟の特徴
3A病棟は呼吸器内科と外科の混合病棟です。
呼吸器内科では肺炎、気胸、喘息などの呼吸器疾患の治療、肺がん患者の化学療法、放射線治療、TBLB、EBUSなどの検査、外科では肺疾患、乳腺疾患の手術、乳がん患者の化学療法、放射線治療を主に行っています。
 
病棟のアピールポイント
スタッフは外科医師9名、呼吸器内科医師6名、優しい課長さんと仲が良くにぎやかな看護師23名、看護助手3名で働いています!
周手術期や慢性期、終末期の看護を学ぶことができ、化学療法、放射線療法などと幅広い治療法を学ぶことが出来ます。
呼吸器内科で検査した患者さんが外科で手術目的に入院したり、術後の患者さんが補助療法を呼吸器に入院して行ったりと、一人の患者さんに一貫した看護を提供できることも3A病棟の特徴の一つです。

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る