ここからメインメニュー

メインメニューここまで

セクション紹介

ここから本文です。

3A病棟の紹介

病棟の特徴
3A病棟は道東唯一の呼吸器内科と結核10床を有している病棟です。
呼吸器内科では気管支内視鏡検査を行い、肺がんに対して化学療法や放射線療法を行う患者さんが主に入院しています。
また、肺炎、気胸、喘息などの治療や、在宅酸素療法の導入も行っています。
結核病棟では正しく内服を継続できるよう、患者さんに合わせたサポートを行っています。
病棟のアピールポイント
スタッフは呼吸器内科医師6名、優しい課長さんと仲が良くにぎやかな看護師28名、看護補助者4名、看護事務補助者1名、クラーク1名で働いています!
慢性期、終末期の看護を実践し、化学療法、放射線療法、在宅酸素療法など幅広い治療法を学ぶことが出来ます。
自宅で過ごしたいという患者さんや家族の想いに寄り添い、退院後も不安なく過ごせるよう医師をはじめ、社会福祉士や理学・作業療法士など多職種と連携し支援を行っています。

本文ここまで

ここからサブメニュー

セクション紹介

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る