ここからメインメニュー

メインメニューここまで

教育・研修

ここから本文です。

新人ナースは今・・・

新人は今

8B病棟に配属となり約9カ月が経ちました。
8B病棟は混合病棟であり、展開が早い患者さんから長期にわたり入院している患者さんまでおり毎日があっという間に過ぎていく中で様々な学びがあると感じています。
出来ることが増えていく中で、まだ不慣れなこともあり上手くいかないこともありますが先輩からの助言や励ましにより次はもっと頑張ろうと感じながら取り組むことが出来ています。
また、目の前のことだけでなく患者さんの退院後の生活やその人らしさを活かしていけるようにはどうしたらいいかなど、多くのことに目を向けて考える力も課題であると感じています。
これからも基本を大事にしてたくさんの学びを深めていきたいです。
8B病棟 O・M

新人は今

8B病棟に配属となり約9か月が経ちました。
配属が決まったばかりの頃と比べるとできることが増えていき、患者さんのために何かできるという実感も強く感じられて充実した日々を送っています。
その反対に、実際に看護を実践していくなかで、自分の知識や技術不足を痛感し、不安と緊張の毎日でもあります。
ですが、患者さんが笑顔で退院していく姿や感謝の言葉をもらう度に、また頑張ろうという気持ちにさせてくれます。
8B病棟は混合病棟であるため幅広い知識が必要であり、学習を自分でもっと深めていき、少しでも患者さんの身体的・精神的苦痛を軽減していけるよう努力していきます。
そして、患者さんの命と向き合う大切さを忘れずに、これからも日々成長し続けていきます。
8B病棟 Y・H

新人は今

手術室に配属になり約9か月が経ちました。
初めは学生の時に行ってきた実習とは違うことが多く、学ぶことがたくさんあり、焦りや不安を感じていました。
しかし、プリセプターや実技指導者、先輩方に指導していただき、少しずつ機械出しのできる手術が増えることや手術前後の患者さんとの関わり方、術中の看護について学ぶことができ、充実した日々を過ごしています。
まだまだ、知識が足りず迷惑をかけてしまうこともあるとは思いますが、日々の学びや患者さんとの関わりを大切にし、周りを見て行動できるような広い視野を持った看護師になれるよう努力していきます。
手術室 M・K

新人は今

手術室に配属になって9ヶ月が経ちました。
配属になった時は初めて聞く言葉や清潔操作が多く、自分自身が手術室で働く先輩のようになることができるか不安がありました。
しかし初めての経験をするものは必ずプリセプターをはじめ、先輩から指導をしていただきながら実践をしており緊張もありつつ新鮮な毎日を送っています。
手術室では様々な診療科の患者さんが毎日手術を行なっており、1人1人の患者さんが万全の状態で手術が受けられるようサポートしています。
術前から術中、術後の限られた時間の中で、患者さんの不安や負担が軽減できるように予測を持った看護ができるように努力していきます。
手術室 K・M

新人は今

手術室に配属され9ヶ月が経ちました。
配属された当初は本当にわからないことばかりで、緊張の連続でした。
しかし、プリセプターや技術指導者、先輩方が手術室での看護をゼロから丁寧に教えてくださり、外回りや器械出しなど自立できることが増え、少しずつ成長することができているのではないかと感じています。
新人としての1年目が終わりに近づいている今でも、知識や技術が不足している部分は多く、日々の学習は欠かせません。
これからも先輩方にご指導をいただきながら、日々の自己研鑽を怠らず、患者さんに安心安全な看護を提供できるようにしていきたいです。
手術室 M・M

新人は今

手術室に配属となり9ヵ月たちました。
配属当初はわからないことや出来なことが多く緊張や不安がありました。
現在は先輩方に指導やサポートをしていただくことで徐々に看護技術を自立し、優先順位を考えて業務を行うように意識できるようになりました。
出来ることが増えていく中で、自身の行動が患者さんにどのように影響するかを考え、安全に手術が行えるように周囲と連携を図っていくことが重要であると考えています。
手術室では一人一人の患者さんと関わる期間は短いですが、今後は患者さんや家族の意向を情報収集し周手術期だけではなく退院後のことも含めて関わっていきたいと考えています。まだ知識や技術が全然足りていないこともあり患者さんに充分な看護が出来ていない部分もあるため視野を広くし自身の学びを深め、患者さんへのケアにつなげていきたいと思います。
 手術室 S・M

新人は今

7B病棟に配属となり約8か月経ちました。
初めの頃と比べると看護技術の経験や知識が増え、自身を持って出来ることが多くなり日々の仕事にやりがいを感じています。
時には技術面や患者さんとの関りで上手くいかなく落ち込むこともありますが、先輩方の励ましや患者さんからの感謝の言葉を受け、「今よりももっと頑張ろう」と前向きな気持ちになります。
また7B病棟は泌尿器科でありますが、今年から産婦人科とも混合病棟になりました。
今まで以上に看護の技術や知識を身に付け、笑顔と思いやりを忘れずに看護を実践できるように心がけていきたいです。
7B病棟 Y・A

新人は今

7B病棟に配属になり、約8か月が経ちました。
病棟の先輩方や先生に多くのことを教えてもらい、自立した技術が増えていく中で喜びと同時に命と向き合う責任の大きさも感じています。
7B病棟は泌尿器科だけでなく婦人科の患者さん、急性期から終末期、周手術期といった患者さんの様々な命の場面に立ち会うことがあります。
働くうえで、それら一つ一つの場面を振り返り、自分が行った看護、患者さんやその家族とのコミュニケーションについて考えることを大切にしたいと思っています。
そして、様々な不安を抱えながら入院生活を送る患者さんにとって、少しでも安心でき、心のよりどころとなる存在になれるよう努力していきます。
7B病棟 K・R

新人は今

7A病棟に配属となり約8ヶ月が経ちました。
先輩方の指導の元、自信を持って実施できる技術や援助も増え、充実した毎日を過ごしています。
日々先輩方の看護から、責任を持ち援助をする事の大切さや、患者さんやその御家族を第一に考えて行動することの重要性を学んでいます。
まだまだ未熟な面もありますが、たくさんの学びを吸収し患者さんの個別性に合った看護を提供できるよう、さらに努力していきます。
そして、多くの患者さんが元気に退院へ向かえるよう、これからも笑顔で思いやりのある看護を行い、責任を持って行動していきたいと思います。
7A病棟 F・R

新人は今

7A病棟に配属されて約8ヶ月が経ちました。
自立した技術も増え、自分で考えて報告・相談し行動することも多くなり看護師としての責任の大きさを実感する日々が続います。
仕事に慣れてきたところで失敗もあり落ち込むこともありましたが、自身の行動が患者さんの不利益に繋がることのないよう行動することの重要性を感じています。
7A病棟は周手術期の患者さんが多く入院しており、突然の入院で動揺・混乱している方も多く見受けられます。
患者さんが少しでも安心して入院生活を送れるよう看護師間での情報共有や細やかなケアを心がけています。
先輩方や患者さんに信頼される看護師になれるよう、基本に忠実に看護を展開していきたいと思います。
7A病棟 K・A

新人は今

6B病棟に配属されて約半年が経ちました。
少しずつできる事が増え、また新しいことを教わることで楽しくも緊張感のある充実した毎日を送っています。
私はできないことに目を向けがちで落ち込むことばかりですが、やさしい先輩たちにご指導いただいたり、患者さんに「注射痛くなかったよ」「いつもありがとね」と声をかけていただき、やりがいを感じると共にもっと勉強して看護師としてスキルアップしたいというモチベーションに繋がっています。
先輩たちにはたくさん迷惑をかけてばかりですが、少しでも患者さんや家族にとってより良い看護を行っていけるように日々努力していきます。
6B病棟  I・A

新人は今

 病棟に配属となってから約半年が経ち、毎日わからないことばかりだった最初の頃から比べて、少しずつできることが増えてきました。
まだまだ未熟なことも多々あるため失敗してしまうこともありますが、同じような失敗をしないようしっかりと振り返ることを意識しています。
看護師としてのやりがいとともに責任を感じながら日々働いています。
6B病棟は外科病棟なので周手術期の患者さんが多く入院しています。
手術に対する不安や術後の苦痛が少しでも和らぐよう、身体的、精神的ケアを行うことができる看護師になりたいです。
今後は不足している知識や技術を毎日吸収し、少しずつ積み重ねながら精進して行きたいと思います。
6B病棟 F・M

新人は今

6A病棟へ所属になってから半年が経ちました。
今でも緊張と不安の中で毎日看護を行っていますが、最初の頃に比べ、自立して技術を実施できるようになり自信へと繋がっています。
また日々、先輩たちの看護を見て自分の看護を振り返り、たくさんの学びを得ることが出来ています。
今後はより臨機応変に病棟での出来事に対応し、どのような場面でも行動できるよう学習を続けていきます。
そして言動や行動の一つ一つを意識し責任ある看護を実践していけるように心がけていきたいです。
6A病棟 N・N

新人は今

6A病棟に配属となり、約6か月が経ちました。
配属当初に比べ、行える看護技術や知識が増え、日々の仕事にやりがいを感じています。
その反面、患者さんと関わる責任の重さを強く感じ、気を引き締めて看護を実践していかなければならないと感じています。
様々な患者さんと出会い、看護を実践していく中、自身の知識不足を痛感し、落ち込んでしまうこともありますが、その経験を糧として次の看護に活かせるよう日々学びを深めていきたいと思っています。
看護を学ぶことができる今の環境に感謝し、日々笑顔を絶やさず患者さんと関わっていきたいです。
6A病棟 Y・N
 

新人は今

産婦人科病棟へ配属となって約4ヶ月が経ちました。
最初は何もできませんでしたが、先輩方にサポートしていただきながら、毎日少しずつできることが増えていき、やりがいを感じています。
現在も、日々新しいことの連続で大変なこともありますが、赤ちゃんに癒されながら頑張っています。
今後は、お産の介助も自立となるため、プレッシャーもありますが、1つ1つ丁寧に、対象者さんにとって安心、安楽、快適なお産となるようにサポートできる助産師を目指し、精進していきたいと思います。
4B病棟 K.Y

新人は今

4A病棟に配属されてから4カ月が経ち、少しずつ経験が増え自立した技術も多くなりました。
与えられた業務に責任を持ち、焦らずに確認しながら行うことや、日々の振り返りが大切であることを実感しています。
また、症状や気持ちをうまく訴えられない小児との関わりに難しさを感じることもありますが、コミュニケーションが取れ元気な姿や笑顔が見られた時にはやりがいを感じています。
看護師として働くうえでは、まだまだ未熟で先輩方に頼ることも多いですが、日々の学びを大切にし、戦力となれるよう努力して行きたいと思います。
4A病棟 N.M

新人は今

4B病棟に配属されて約4か月が経ちました。
助産師として、基本的な看護技術だけではなく助産技術も習得しなければならず、最初は不安もありました。
しかし、技術指導者やプリセプターを始め、先輩方が1つ1つ丁寧に指導して下さり、少しずつできることが増えてきました。
今は、学生時代に助産師としての基礎を教えて頂いた指導者の方々と一緒に働けていることがとても嬉しいです。
地元から離れた場所での就職に迷いもありましたが、充実した日々を送ることができ、釧路に来て良かったと思っています。
まだまだできないことだらけですが、地道に努力を積み重ねながら、1日でも早く先輩方のような助産師・看護師になれるように頑張りたいです。
4B病棟 S.M

新人は今

3A病棟に配属されてから約3か月が経ちました。
最初のころと比べると、行える技術が多くなり、できることが増えていくことに楽しさを感じながら日々働いています。
その分、一つ一つのことに責任をもって取り組み患者さんのケアをしていかなければならないと思っています。
患者さんのいろいろな場面に立ち会い、自分の力不足を感じることが多く、勉強の大切さを感じます。
患者さんによりよいケアを行うために日々勉強し知識をつけ、患者さんにつなげていきたいです。
そして、患者さん、先輩看護師をはじめとする自分の今の環境に感謝しながら患者さんと向き合い、思いに寄り添っていきたいです。
3A病棟 Y.M

新人は今

5月から3A病棟へと配属がきまり3ヶ月がたちます。
自立した技術少しずつ増えていき成長への嬉しさを感じる反面、一人立ちしたことでの責任も感じています。
3A病棟では8月から深夜フリー業務、準夜勤業務が自立となりました。
技術面など未熟なところも多く失敗してしまう日も少なくありません。
ですが、日々患者さんから「頑張ってるね。」「ありがとう。」などの励ましと感謝の言葉を受け「明日も頑張ろう」という気持ちになれます。
先輩方にも頼ってばかりで迷惑をかけることも多く申し訳ないという気持ちもありますが日々の学びを深めていき、1日でも早く戦力となれるよう努力していきたいと思います。
3A病棟 M.Y

新人は今

憧れであり、夢であった看護師となり、3B病棟に配属されてから3ヶ月がたちました。
緊張と不安の毎日でしたが、先輩方からの優しく丁寧な指導と協力のおかげで、日々学ぶことが多い実践の現場で、知識や技術を身につけていくことに充実感を感じています。
また、先輩方の患者さんとの関わり方や、様々な看護技術を目の前で見て、沢山の刺激を受けながら毎日を送っています。
3B病棟は急性期から終末期の患者さんがいます。
出会いがある中で別れもあります。
1人ひとりの患者さんとの出会いを大切にし、その疾患・病気に合った看護、患者さんが安心できる看護を行っていきたいです。
3B病棟 T.H

新人ナースは今

3B病棟に配属となり緊張と期待の中、日々の看護や病棟の流れを掴むのに必死でした。
それから4ヶ月が経ち、雰囲気にも少しずつ慣れてご指導して下さる優しい先輩と、患者さんに支えられながら毎日看護を行っています。
学生時代にはできなかった看護技術や治療などを見学し、指導者の先輩方に丁寧に教えていただきながら練習し、採血や注射なども少しずつですが、回数を重ねるにつれて技術が身についていると感じ、充実した毎日を送っています。
今後は素敵な先輩方に少しでも近づけるよう、自己の看護や技術を磨き、笑顔を忘れずに日々患者さんとのコミュニケーションを大切にしていきたいです。
3B病棟 A.H

看護師として働いてみて…

1A病棟に配属されて2ヶ月が経ちました。
配属された当初はわからないことが多くあり緊張や不安の毎日でしたが、プリセプターさんや病棟スタッフの方々の丁寧な御指導、優しく温かいサポートがあり日々頑張ることが出来ています。
現在も助けられてばかりですが、自立した技術が増えてきたり知識が身についてきたことにより、看護師という職業が楽しいと思ったりやりがいを感じています。
まだまだ覚えることもたくさんあるので日々の学習を怠らず成長していけるように頑張ります。
今後は患者さんそれぞれにあった看護を提供し思いやりを忘れず確かな技術を身につけた看護師になれるよう努力していきたいです。
1A病棟 T.T

看護師として働いてみて…

配属から2か月が経ちました。病棟の忙しい雰囲気や日々の業務に慣れることで精いっぱいですが、先輩たちが優しく丁寧に教えてくださり、学びの多い毎日を送っています。
迷惑をかけることが多いですが、プリセプター、技術指導者はじめ病棟スタッフの方々、患者さんの協力のおかげで日々成長することができていると思います。
1A病棟は急性期から慢性期と幅広い患者さんがいます。
それぞれの疾患と時期に合わせた看護や観察がおこなえるよう日々勉強し優先順位を考えながら行動できるよう頑張っていきたいです。
そして患者さんの思いに寄り添った看護が出来るようコミュニケーションを大切に関わり日々努力していきます。
1A病棟 I.H

新人は今

2F病棟に配属されて、2カ月が過ぎました。
配属された当初は自分にしっかりと務まるかどうか不安でしたが、先輩方に毎日優しく丁寧に指導をしていただき日々頑張ることが出来ています。
覚えたこと・出来るようになった技術など、日々増えていくことに嬉しさを感じることもあります。
働いていく上でまだまだ不安なこともありますが、患者さんとの関わりや先輩方の指導から学びを得ていきたいと思います。
患者さんにとって何が一番良いのかを考え、今は一つ一つの技術を着実に習得していけるようにしていきたいと思います。
2F病棟 K.Y

新人は今

5月から2F(精神科開放)病棟所属となりました。
精神看護に興味があり以前から配属になれば良いなと考えていましたが、知識・技術ともに未熟であり、緊張と不安を抱えた中での配属決定でした。
しかし、2F病棟の次長をはじめ、補佐・専門員・先輩方はとてもやさしく、1つ1つ丁寧に教えてくれます。
身体合併症を有する患者も多く看護技術も様々経験出来ています。
またプリセプターが心理面のサポートをしてくださっているおかげで、不安がある中でも少しずつ出来ることが増えてきました。
まだまだ未熟ではありますが、焦らず1つずつ覚えることを意識し、早く先輩方のように患者さんを支えられる看護師になりたいです。
2F病棟 K.H

本文ここまで

ここからサブメニュー

教育・研修

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る