ここからメインメニュー

メインメニューここまで

臨床研修医

ここから本文です。

研修プログラムの内容

平成30年度 市立釧路総合病院卒後臨床研修プログラムの概要について

研修ローテーションの一例 (各年次の研修科は順不同です。)

1年次

4月 内科
6月
5月
6月
7月
8月
9月
10月 外科
1月
11月 救急部門
3月
(麻酔科に配置)
12月
1月
2月 選択必修科目
2月
(2科を選び各1月)
3月

2年次

4月 地域医療
1月
5月 自由選択
11月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月

研修内容のご説明

1年次

  • 必修科目である内科、外科、救急部門、及び、選択必修科目を研修します。
  • 内科は、消化器内科、心臓血管内科、呼吸器内科を各2月づつ、合計6月を研修します。
  • 外科は、1月研修します。
  • 救急部門は、救命救急センターを担当する麻酔科に配置され、3月研修します。(救急外来や救急に関する技術などを研修します。)
  • 選択必修科目は、麻酔科、産婦人科、小児科、精神科の4科のうちから2科を選択し、各1月研修します。

2年次

  • 必修科目である地域医療を、1月研修します。研修先は次の協力病院、協力施設から選択します。
  1. 協力型病院 JA北海道厚生連摩周厚生病院(弟子屈町)、町立厚岸病院
  2. 協力施設 町立別海病院、市立釧路国民健康保険阿寒診療所
  • 残りの11月を自由選択とし、次の診療科から選択します。研修期間は原則自由とします。
消化器内科、心臓血管内科、呼吸器内科、外科、心臓血管外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科、小児科、産婦人科、精神神経科、皮膚科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、眼科、検査科、放射線科、地域医療、地域保健(北海道釧路保健所にて研修します。)
  • なお、臨床研修の到達目標達成のため、自由選択期間中に一時的に他科で研修を行う可能性があります。

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る