ここからメインメニュー

メインメニューここまで

セクション紹介

ここから本文です。

精神神経科2F病棟の紹介

病棟の特徴
2F病棟は精神科の開放病棟です。
精神疾患の患者さんの他にも認知症の患者さんも多く入院しています。
病棟の医師や看護師は、多職種との連携を密に、患者さんやご家族の意向に沿った退院支援ができるよう、日々心がけています。
また、病棟内にはとても広い大浴場や広々としたデイルームがあり、四季に合わせた装飾品や作業療法で患者さんが作成したものが飾られています。
入院中の患者さんが少しでもリラックスして過ごせるよう開放的な空間となっています。
病棟のアピールポイント
精神科では1人1人の患者さんに寄り添いながらじっくりと向き合い、個別性を重視した看護を行っています。
そのため患者カンファレンスを行い、その人に合った看護を日々話し合っています。また看護師とのコミュニケーションや看護師からの働きかけで、患者さんの症状が改善することもあり、看護の力を実感でき看護師としてのやりがいを感じます。
2F病棟には認知症看護認定看護師が在籍しており認知症看護に力を入れています。
日中の活動を促すために作業療法士と連携をとり、椅子に座りながら手足の体操や首の運動を行う「ちょこっと体操」や、作業療法として習字や音楽鑑賞を行っています。

本文ここまで

ここからサブメニュー

セクション紹介

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る