ここからメインメニュー

メインメニューここまで

病院概要

ここから本文です。

新病院基本情報(概要)

※内容につきましては、基本計画策定時点のものとなります。

pdf市立釧路総合病院新棟建設等基本計画 概要版(760.25 KB)
 

新病院の概要

 市立釧路総合病院は、釧路・根室三次医療圏唯一の地方センター病院であり、高度で専門的な医療を行う地域の中核病院としての役割を担っています。重篤な救急患者に対し、常に高度医療が提供可能な救命救急センターとして、また、道東ドクターへリの基地病院としての機能も有しています。現施設は、昭和59年に建設して以来、数度の改修により外観は維持していますが、24時間365日止まることなく稼働しており、施設設備の老朽化が進んでいます。また、面積が狭くゆとりがないため、最新の大型医療機器の導入が困難な状況になっています。さらには、災害拠点病院の要件が、電気や燃料等のエネルギーと水を最低3日分を確保することとなり、これら様々な課題を解消するために新棟建設に着手します。地方センター病院として担うべき役割と機能強化を最優先し、北海道が策定する地域医療構想や将来の医療需要を見据えた無駄のない整備を心がけ、新棟建設に向けて取り組んでまいります。
 

基本理念

信頼 と 満足 の創造

 急速な少子高齢化の進展や人口減少問題、生活習慣病などによる疾病構造の変化、多様化する医療ニーズの需要が増大していく中で、医療を取り巻く環境は大きく変化し、今後も、それぞれの状態にあわせた良質な医療サービスを提供していくことが、求められています。新病院においても、救急医療のより一層の充実やがん医療の強化をはかり、患者が快適で効率的な医療環境の提供ができるよう地域住民の皆様とともに「信頼」と「満足」を創りあげていきます。

 経営方針

地域完結医療、患者サービス・運営

事業規模

敷地面積 32,144㎡
延床面積 54,000㎡(新棟約37,000㎡、既存棟約17,000㎡)を想定
診療科目 内科・消化器内科・心臓血管内科・呼吸器内科・小児科・外科・心臓血管外科・整形外科・脳神経外科・形成外科・皮膚科・泌尿器科・産婦人科・耳鼻咽喉科・眼科・精神神経科・麻酔科・救急科・リウマチ科・アレルギー科・放射線科・病理診断科・リハビリテーション科・歯科・歯科口腔外科
計画病床数 600床

役割・重点機能

  • 三次救急医療機関として地域の救命救急医療を担います。
  • 地域周産期母子医療センターとして、継続的に地域の周産期・小児医療を提供します。
  • 地域中核災害拠点病院として災害発生時における適切な医療を提供します。
  • 地域がん診療連携拠点病院として、予防から手術、放射線療法および化学療法を効果的に組み合わせた集学的がん医療を実践します。
  • 高度医療およびチーム医療の提供体制・環境を整備し、政策的医療への対応や重要疾病への対応を効果的かつ効率的に行います。
  • 患者の視点に立った快適で効率的な医療環境を整備します。
     

建設予定地

    
 巨大地震による10m級の津波の影響を考慮し、高台に位置し、利便性の良い場所で、建設面積を確保できる用地が必要となることを踏まえると、現敷地内で建替えを行うことが最適であるとの結論に至りました。
 

事業スケジュール

 基本設計着手後のスケジュールは以下のとおりとなります。

-問合先-
 
市立釧路総合病院 事務部新棟建設推進室 新棟建設推進担当
 
0154-41-6121
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

本文ここまで

ここからサブメニュー

新棟建設の延期について

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る