ここからメインメニュー

メインメニューここまで

病院概要

ここから本文です。

新棟建設計画の取り組み状況について

 市立釧路総合病院は、釧路・根室三次医療圏の地方センター病院として、高度急性期医療の提供や、重篤な救急患者に対し、常に救急医療の提供可能な救命救急センターとしての機能など、地域の中核病院としての役割を果たしてきました。

 現施設は、昭和59年に建設して以来、数度の増改築により機能維持をしてきましたが、既に35年経過し、この間24時間365日止まることなく稼働してきており、施設の老朽化が進み、併せて施設の狭あい化などから、医療の高度化や医療環境の変化に対応することが困難な状況となっていることから、将来にわたり機能を確保していくために、新棟建設は、必要不可欠であります。

 現在、延期となっている新棟建設につきましては、院内において様々な課題等について整理を行っているところです。

 そのうえで、課題を踏まえながら、地域における医療環境の変化等への対応も含めて、新棟の早期建設に向けて取り組んでおります。今後とも協議の経過やスケジュール等につきましては、当院ホームページや広報誌等でお知らせしながら進めてまいります。

本文ここまで

ここからサブメニュー

新棟建設等事業

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る