ここからメインメニュー

メインメニューここまで

診療科・部門

ここから本文です。

薬剤部

薬剤部の紹介

調剤室

調剤室では、主に入院患者さんの内服薬や外用薬の調剤を行っています。処方オーダリングシステムや調剤支援システムといったコンピューターを使用し、業務の効率化と調剤の正確さの向上に活用しています。外来で、抗がん剤や麻薬を初めて処方された患者さんへの説明も行っております。患者さんや家族の方に理解を深めていただく意味で、内服方法・スケジュールの確認、また副作用が出た時の対処法など、より注意すべき点について説明しています。

DI業務(薬品情報Drug Informationを管理する業務)

医薬品に関する基本的な情報や既存の薬の新しい使い方、新たな副作用など医薬品に関する最新の情報を厚労省や製薬会社などから収集し、管理しています。また、医師をはじめ、院内の職員に向けた医薬品情報誌「薬事ニュース」を発行し、当院で使用できる薬に関する最新の情報を提供しています。医薬品情報には緊急を要するものや重要なものもあり、効果的でより安全な治療が実施できるよう、その情報内容を分析し、院内すべての関係部署に情報提供を行っています。

医薬品管理室

医薬品の購入、管理、供給などの業務を行っています。(内服薬、外用薬、注射薬、血液製剤、消毒薬等
)医薬品は品質管理が大切であり、温度、湿度、遮光、汚染防止に注意を払い保管しています。高価な薬品も多数あり、在庫切れ、使用期限切れがないよう適正な在庫を管理する体制を整えています。

注射薬の個別セット

入院患者さんの注射薬において、処方内容をチェックしながら、1施行ごとに個別にセットして払い出しています。この際、薬品名、用法用量、相互作用、配合変化等を確認しています。

製剤室

患者さんの病態やニーズに対応するため、市販されていない薬剤を医師の求めに応じて調製しています。注射薬や点眼剤等、細菌汚染や異物混入に注意が必要な薬剤は、クリーンベンチ内において、無菌的な環境下で調製しています。

注射剤の調製(ミキシングルーム)

クリーンベンチや安全キャビネットを完備した無菌的な環境下で、疾病や病状により食事を取れない入院患者さんのための高カロリー輸液や、外来・入院でがん化学療法を受けられる患者さんの抗悪性腫瘍薬の調製を行っています。

薬剤管理指導業務

薬剤師は、入院された患者さんに対しベットサイドへ伺い、現在内服しているお薬の正しい飲み方(用法用量)や効能・効果そして副作用等を分かりやすく説明しています。また、服用後の症状を観察することで、見逃しがちな副作用の兆候を早期に発見し、薬学的に評価することで適切な薬物療法に貢献しています。
また、お薬が正しく安全に使用されるために、服用履歴を記録管理し、処方された薬との飲み合わせに問題がないか、服用後の有効性や副作用を検査項目をもとに確認(モニタリング)し、医師・看護師とも連携して積極的に治療計画に関与していくことを大きな務めとしています。

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る