ここからメインメニュー

メインメニューここまで

診療科・部門

ここから本文です。

NST

市立釧路総合病院のNST

市立釧路総合病院のNSTは、2007年4月より本格的な活動を開始しました。
NSTメンバーは、外科医師をチェアマンとし、消化器内科医師、呼吸器内科医師、歯科医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、言語療法士、歯科衛生士、臨床検査技師などで構成され、それぞれの専門性を活かした役割を担っています。
2007年4月に、日本静脈経腸栄養学会(JSPEN)よりNST稼働施設として認定され、2017年5月から栄養サポートチーム加算の算定を開始しています。
 

NSTとは?

NSTは、「Nutrition(栄養)Support(サポート)Team(チーム)」の略語です。
医師や看護師、薬剤師、管理栄養士、リハビリテーションスタッフなど、様々な職種がそれぞれの知識を持ち寄り、きめ細かい栄養管理を行う専門チームのことです。

活動内容

NSTカンファレンスを週2回(毎週月曜14時~、木曜15時30分~)行っています。
栄養サポートを必要とする患者さん一人一人に対し、栄養状態の改善、QOLが向上する方法を職種の垣根を越えて話し合います。カンファレンス後、対象の患者さんのところへ回診に伺い、より適した栄養管理の方法を提案していきます。

定期的に勉強会を開催

講師は、NSTメンバーや外部講師が行っています。
積極的に学会や講演会、研修会などに参加し、NST活動に活かしています。

2015年度研修会

開催日 講義内容
2015年7月29日 半固形化栄養法の新潮流
2015年8月17日 NST専門療法士を取得して
2015年12月21日 リハビリと栄養
2016年3月14日 摂食・嚥下障害について

2016年度研修会

開催日 講義内容
2016年9月12日 嚥下障害~評価と対応~
2016年11月21日 当院採用栄養輸液製剤の特徴
2017年2月7日 経腸栄養と排便コントロール
~脳卒中ガイドラインを踏まえて~
2017年2月20日 口腔ケアについて
2017年3月23日 がん患者の栄養管理
~食道癌化学療法施行中の栄養管理を中心に~

2017年度研修会

開催日 講義内容
2017年6月5日 消化態栄養剤「ペプタメンスタンダード」について
栄養サポートチーム加算について
2017年9月12日 当院の嚥下調整食について
2017年12月5日 経腸栄養について
2018年2月15日 経鼻内視鏡を用いた嚥下機能検査
~安全な経口摂取を目指して~
2018年3月13日 平成29年度 活動報告会

2018年度研修会

開催日 講義内容
2018年6月27日 消化管閉塞に対する内視鏡的ステント治療など
2018年10月2日 栄養補助食品 試食説明会
2018年12月19日 リハビリテーションと栄養
2019年3月26日 平成30年度 活動報告会

2019年度研修会

開催日 講義内容
2019年7月2日 イラストで覚える消化管再建術のポイント
2019年9月17日 栄養補助食品 試食説明会
2019年12月17日 栄養の基本と腸内細菌のお話

学会発表など

道東NSTネットワーク研究会にて発表

日時 演題
2010年10月30日 NSTの一員として~栄養科としてできること~
2011年10月29日 NSTの一員として~看護師としてできること~
2014年10月18日 がん患者へのNST介入における管理栄養士の取り組み
2018年11月10日 NSTにおけるST介入の効果について

日本静脈経腸栄養学会学術集会(JSPEN)にて発表

日時 演題
2015年2月12日 がん患者へのNST介入における管理栄養士の取り組み
(ポスター)
2016年2月26日 痛風性関節炎、慢性腎不全を有する40代女性の神経性食思不振症患者へNSTが介入し、栄養状態が改善した1症例
(ポスター)
2017年2月24日 経腸栄養にて下痢を繰り返す患者にNSTが介入し、経口摂取へ移行することができた1症例
(一般演題:ポスター)
2018年2月22日 NSTにおけるST介入の効果について
(一般演題:ポスター)
2019年2月15日 肺がん化学療法中に味覚異常を呈した一例
(一般演題:ポスター)

本文ここまで

ここからサブメニュー

チーム医療

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る