ここからメインメニュー

メインメニューここまで

診療科・部門

ここから本文です。

緩和ケア

緩和ケアとは

がんやその治療によって生じる体の症状や、気持ちのつらさを和らげ、その人らしく生きることを支援する医療です。

病気の経過と緩和ケア

がんの時期に関係なく、患者さんやご家族が必要とするときから受けることができます。
治療と平行して受けることができ、状況に合わせて治療と緩和ケアの割合を変化させていきます。

緩和ケアチームとは

緩和ケアは、体のことだけでなく、心や暮らしのことなどについてのサポートが必要となります。
そのために、緩和ケアチームは様々な職種がチームを組んで活動します。

市立釧路総合病院緩和ケアチーム

当院の緩和ケアチームは、2005年に発足し、主治医や担当科の医療スタッフと協働し、患者さんやご家族の支援を行っています。
緩和ケアチームによる支援の対象は、当院に入院・外来通院中のがん患者さんとそのご家族(もしくは大切な人)としています。

緩和ケアチームの構成

専門職の主な役割

医師(身体症状担当)
  • 痛み・だるさ・息苦しさなど、がんに伴う様々な症状を調整します。
医師(精神症状担当)
  • 不安や気分の落ち込みなどの精神症状に対応します。
薬剤師
  • 患者さんの症状や体の働きに合ったお薬を選び、医師に提案します。
  • 痛みなどの様々な症状を和らげるために使う薬の相談や、患者さん・ご家族への説明を行います。
緩和ケア認定看護師
公益社団法人日本看護協会認定の資格を有した看護師です。当院には2名在籍しています。
  • 緩和ケアチームの相談窓口として対応します。
  • 緩和ケアの具体的方法の検討および提案をします。
  • 患者さんご家族への緩和ケアの実践を行います。
管理栄養士
  • 栄養や食事内容の相談や支援を行います。
理学療法士・作業療法士
  • 自立を助け、日常生活維持のためのアドバイスやリハビリを行います。
ソーシャルワーカー(SW、社会福祉士)
  • 経済面、社会制度、療養の場の選択など患者さんご家族の社会的支援を行います。

緩和ケアチームの主な活動

  • 緩和ケアに関する相談
  • 緩和ケアチーム回診
  • 緩和ケア合同カンファレンス(ケアの検討会)緩和ケアの啓蒙・教育
市立釧路総合病院緩和ケア研修会の様子 緩和ケア合同カンファレンスの様子

緩和ケアチームにご相談いただける内容

  • 痛み・息が苦しさ・嘔気・だるさなど、からだに生じるつらい症状がある。
  • 不安やイライラがある、眠れない。
  • つらい気持ちなど、ゆっくり時間をかけて話を聴いて欲しい。
  • 自宅で過ごしたいがどうしたらいいのかわからない。
  • 薬について相談したい。
  • 緩和ケアについて知りたい。など

活動報告

2019ホスピス緩和ケア週間を開催しました。

2019年10月5日(土)から10月15日(火)まで、当院ホスピタルホール2階にてホスピス緩和ケア週間のイベントを開催しました。
開催内容については、こちらよりご確認ください。

2018ホスピス緩和ケア週間を開催しました。

2018年10月6日(土)から10月15日(金)まで、当院ホスピタルホール2階にてホスピス緩和ケア週間のイベントを開催しました。
開催内容については、こちらよりご確認ください。

2017年ホスピス緩和ケア週間のイベントの開催について

2017年10月10日(火)から10月20日(金)まで、当院ホスピタルホール2階にて、ホスピス緩和ケア週間のイベントを開催しました。
開催内容については、こちらよりご確認ください。

平成29年度緩和ケア講演会を開催しました

開催内容については、こちらよりご確認ください。
 

本文ここまで

ここからサブメニュー

チーム医療

サブメニューここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る